テーマ:鉄道

台北の思い出(1)とりあえず九イ分へ

台北桃園空港に到着し、外に出てきたのは、お昼2時くらい。 ここから台北市内までは、バスで1時間弱かかります。 そこから、さらにタクシーに乗り換えてホテルにチェックインすると、もう4時過ぎ。 とりあえず、この日は、九份というところに行くことにしました。 実は、ここ、スタジオジブリの映画「千と千尋の神隠し」でモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンコクピンポイント滞在(2)ターミナル21に行きましょう入り口からびっくりです

ターミナル21ってのはBTSアソーク駅に直結したショッピングモールです。 2011年にオープンしたので、もう最新とはいえませんが、かなりの人気スポットとなっています。 ワタクシも、めざまし土曜日で紹介されているのを見て、あと滞在していたホテルからそう遠くないのを知って、じゃぁ、行ってみっか、と重い腰を上げたのです。 ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年のお出かけ その7 どうしても観光したいと2号が言い張るのでセントーサ島に

3日目。 この日で2号は帰国してしまうのですが、フライトは夜の9時45分発なので、日中は時間がたっぷりございます。 ということで、オッサン二人が、オッサン二人なのに、セントーサ島へ出かけてきました。 セントーサ島へはいろんなアクセス手段がございますが、一般的なのは、ハーバーフロントから出ているセントーサエクスプレス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年のお出かけ その3 ついに購入しましたよ、ソウル版Suica

ソウル版Suicaという表現はまずいのかもしれません。 いろんな意味で。 こいつは、交通機関で利用可能な非接触型ICカード式乗車券です。 今まで、自動販売機で1回式の乗車券を購入し、降車したら500ウォンを払い戻してもらうためにまた機械へ、ということをやっていたのですが、それが面倒なので。 よくわからないのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食べてるのは機内食だけじゃない 2012 その20 機内食じゃなく駅弁を食べました

ワタクシ、一応、サラリーマンでございます。 会社を移籍してからは、地方へ出張する機会がほとんどなくなってしまったのですが、それでもごくごくたまに、お出かけすることがございます。 今回は、盛岡に行ってきました。 当然ながら、新幹線で。 JR東日本が運行する新幹線には、腐るほど文句を言いたいことがございますが、それはそれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵になる国チェコ その17 チェスケー・ブディェヨヴィツェへ鉄道で移動

旅の4日目。 プラハから、チェスケー・ブディェヨヴィツェという町へ移動します。 3泊お世話になったホテルともお別れ。 ネットが使えるはずだったのに使えなかったとかイロイロありましたが、トラムの停留所のすぐ近くとか、便利なことは便利だったし、よしとしましょう。 部屋も、寝るためだけ、みたいな感じでしたし。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵になる国チェコ その15 プラハ市内のトラム

プラハを観光する際には、トラムを乗りこなす必要があります。 郊外はバス路線の方が発達していたりしますが、中心部はトラムが基本となります。 地下鉄は…中心部と郊外を結んではいますが、そんなに路線の数はないので、細かくカバーするのはトラムとバス。 つまり、大きく移動するのは地下鉄で、地下鉄の駅からバスやトラムに乗り継いで、というパター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンガポールのマレー鉄道の駅って移転していたんですね

ジョホールバルから国境を越えてきて、ウッドランズのチェックポイントに到着しました。 入国審査で、一人一人の審査にやたら時間をかける係員に当たってしまった上、その列で書類に不備があるグループがいたため、20分近く時間をロスしてしまい、それ以外にもなんだかんだとあって疲れていたので、ここからバスに乗ってクインバスターミナルへ向かうのではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巡礼しているかもしれない日記 その7 巡礼に欠かせない道具

オイスターカードです。 何故牡蠣なのか?理由があるのかもしれませんし、そもそもそういう意味ではなく、単なる略語の語呂合わせなのかもしれません。 興味がある方はご自分でお調べください(笑) これ、ロンドン観光には欠かせないカードです。 地下鉄の券売機で購入可能ですので、是非ご利用ください。 何が便…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巡礼しているかもしれない日記 その6 ヒースローエクスプレス

ロンドンも雨でした(T_T) 本来は、巡礼はここから始めるべきなのでしょうが、ワタクシが到着したのはターミナル1。 日本からの便(ワタクシの場合ANA派なのでJALなんか使うわけがないですが)が到着するターミナル3とは違いますので、ここは大人しくあきらめます。 (まぁターミナル3そのものは利用したことがあるので、雰囲気はわかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巡礼しているかもしれない日記 その5 フランクフルト空港へ、結局、ICとICEの違いは?

ケルン大聖堂の内部を見学しているだけで、そこそこの時間がかかりました。 雨も降っていることだし、これ以上の観光はあきらめて、フランクフルト空港へ戻ることにしました。 で、ここで気付いたことが。 (いや、大げさにするほどのことでもないし、そもそもフランクフルトを出発する段階で気付くべきことですが) ICEとIC、所…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

巡礼しているかもしれない日記 その4 ケルン大聖堂の迫力

適当に駅の外に出てみたら、大聖堂の反対側でした(笑)。 ちょこっと小腹が空いたので。 こちらを食しました。 2.7ユーロ。 多分チェーン展開しているのでしょう。 おいしかったです。 こちらは小さなバス停があるばかりで、何もなさそうです。 反対側に廻ってみました。 K…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

巡礼しているかもしれない日記 その3 飛行機が目的だったのに鉄道でうれしがっていますが何か?

コンコースからエスカレーターで降りていきますと、ホームにたどり着きます。 ヨーロッパでは大抵そうみたいですが、改札なんて無粋なものはございません。 で、列車が到着。 なんか、格好よくない? この列車はアムステルダム行のようです。 が、しかし。 ワタクシのチケットではICEは利用でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひょひょひょひょいっとソウルまで その4 仁川空港を利用する際はソウル駅でもチェックインできます

その1でも書きましたように、以前利用した仁川空港から金浦空港までの鉄道がソウル駅まで延びています。 それを利用して仁川空港へ行くことにしました。 …これ、実は勘違いだったのですが。 それはともかく、ソウル駅までたどり着き、地下に降りていこうとして、これに気付きました。 以前T-CATとかで実施されていたチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひょひょひょひょいっとソウルまで その1 金浦空港から市内中心部へは地下鉄でいいんだろうか?

6月中旬、夏休みのお出かけに使用するチケットを購入する&残っていたチケットを消費するために、1泊2日でソウルへ行ってきました。 機内食編はすでにアップしておりますが、それ以外の記録です。 金浦空港から市内へ出るには3つのルートがあります。 その1 地下鉄5号線を利用する その2 地下鉄9号線を利用する その3 ソウ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こんな企画、アノお方ならば、どうするだろうか?

ネットでこんな記事を見かけました。 初代「乗鉄王」を目指せ 名鉄で乗車距離レース 消えてしまう前に、抜粋しておきますと。  名古屋鉄道(名鉄)は、冬休み限定の新企画「めざせ!乗鉄王」を2010年12月23、25の両日に実施する。 金山駅(名古屋市熱田区)をスタートし、9時から17時までの8時間にかけて指定され…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ニコチンに振り回される中米の旅 その13 看板に偽りあり? パナマ運河鉄道

パナマ運河鉄道。 太平洋に面するパナマシティーと、カリブ海に面するパナマ第2の都市、コロンを結ぶ鉄道です。 太平洋と大西洋を結ぶ最初の鉄道として1855年に開設され、、パナマ運河建設の際には、資材運搬用として活躍したらしいのですが、その後は用済み。 で、2001年に復活させたというのですが。 まぁ、完全に観光用の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

思いつきで行くトルコの旅 その44 世界で一番短い地下鉄

ガラタ塔から、そのまま下っていってもよかったのですが。 えっちらおっちらと急な坂を上りました。 というのは。 こいつに乗るためです。 テュラル。 世界で一番短い地下鉄です。 全長573mって短すぎる気もしますが、さっきのような坂を上り下りすることを考えると、存在価値は十分にあります…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

思いつきで行くトルコの旅 その40 イスタンブール新市街を満喫する(1)

ゴールデンウィークまであと3日。 なんとかゴールが見えるところまでやってまいりました。無事、ゴールにたどり着くため、駆け足で進めてまいります。 イスタンブール2日目。 というか、実質的に最終日。 翌日には、帰国便に乗らなければなりません。 というわけで、攻め残っていたイスタンブールの新市街を散策することにし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ふと気付いたこと

無事、帰国しました。 金浦空港まで地下鉄を利用して向かっていたのですが、それで気付いたことがあります。 それは、ホームで鳴っているベルは、発車ベルではないのではないか?ということです。 どういうことかといいますと。 普段、JRなんかを利用していますと、音楽が鳴って、それが止まると電車の扉が閉ま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ふと気付けば

こんなところに来ていました。 ソウル地下鉄のGimpo Internationl Airport駅です。 でも、見覚えがある駅の風景とは、違います。 これは…9号線の駅なのです! 前回(今年の6月)に来た時はなかったように思うのですが… わずか4ヶ月の間に新線が開通したってことなのでしょうか? 前回は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ソウル地下鉄、いつのまに…

土日+先週の金曜日(8月分のワークシェアリング休日が6月に繰り上がり)の代休ということで、ソウルにお出かけしてきました。 で、今日帰国してきたのですが。 ソウルの地下鉄が変わっていました。 往路はインチョン空港に到着し、そこからリムジンバスで市内まで出たのでわからなかったのですが、復路は金浦空港からの出発で、そのため地…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

せっかくだから、天草・阿蘇へ その8 トロッコ列車を楽しむ

立野駅からは、南阿蘇鉄道で高森駅へ向かいます。 トロッコ列車で。 トロッコ列車といっても、ゆっくり走るので車窓からの風景を楽しめますよ、というだけの列車だと思うのですが、特定の時期しか走っていないので、結構人気みたいです。 一応、全車指定席となっており、あらかじめ指定券を購入しなければなりません。 それも、JRのみどりの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

せっかくだから、天草・阿蘇へ その7 あそ1962で阿蘇へ

9月24日 前の日にわざわざ熊本駅まで戻ってきたのは、実はこの列車に乗るためでした。 あそ1962。 JR九州が誇る観光列車です。 1日に1往復、熊本と宮地駅の間を走っています。(運転日は要確認) 1962年(昭和37年)に製造された車両(キハ58型)を改造したってコトで、このネーミングになったそうですが(…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

風まかせのお出かけ その4 悲劇の前の静けさ

とぼとぼと駅まで戻ってきまして。 あとはひたすら待機するしかございません。 ところが、こういう場合に備えて、ワタクシは強力な武器を持っております。 それは、パズルの本。 実は、8月のイギリス・アイルランドの旅の際、空港の売店で時間つぶしのために購入して以来、パズルにはまっているのです。 数独、ナンバープレイスなどいろん…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

風まかせのお出かけ その2 役立たずなのはどっち?(笑)

お師匠さまがもうかなり実情をお書きになっておられるので、ワタクシのような若輩者があえてどーのこーのグダグダぶーたれる必要性はかなり薄いのですが、それでもあえて駄文を垂れ流す・・・これがワタクシでございます。 ということで、ザッピングでお楽しみくださいませ。 まぁ、「2号」の名誉のために申し添えておきますと。 ワ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

ホッピング観光にっき その28 連続移動なんて怖くないけど、こまごましたトラブルが足を引っ張る

この旅にっきも、気がつけば28回目ととんでもない回数になってきましたが、旅の方もいよいよ終盤に差し掛かってまいりました。というか、後は、本格的に帰国目指してまっしぐらです。内容がなくても、エピソードなんてなくても、ただずるずると、しつこく書いてまいります(笑)。 というわけで。 ホッピング観光にっき その28 連続移動な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ホッピング観光にっき その26 登山鉄道と山頂からの眺め

短いけれど充実していたマン島滞在もいよいよ最終日。 でも、最後まで観光を満喫いたします。 本日の内容は、マン島の三大保存鉄道の最後の1つ、登山鉄道です。 ということで。 ホッピング観光にっき その26 登山鉄道と山頂からの眺め 8月25日(木) この日は、寝坊というより、朝起きてから何となくぐずぐずとしてしま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ホッピング観光にっき その22 今度はマン島電気鉄道・・・その実態は単なる路面電車

またまた鉄道シリーズです。 でもって、またまた、往路は乗り損なって目的地までバスで向かい、復路は鉄道に乗って戻ってくるというパターンは同じです(笑)。 そういうおバカなパターンはさておき。 ここマン島は、こういった保存鉄道の宝庫なんだそうです。 まだこれ以外にも、山岳鉄道もございます。 鉄ちゃんにはたまらない場…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ホッピング観光にっき その21 機関車トーマスに出会う(2)・・・なのに出会い損なう(笑)

北アイルランドで保存鉄道の蒸気機関車を見てきましたが、ここにも保存鉄道はあります。 名前はIsle of Man Steam Railway。 ダグラスとポートエリンの間を約1時間で結んでいます。 ちょっとした小旅行って感じで楽しめるのんきな旅。 楽しんできました。 ホッピング観光にっき その21 機関車トーマスに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more