今さらですが、セクシーボイスアンドロボ

ドラマの内容を、真正面から取り上げるのは、ずいぶん久しぶりのような気がしますが。

最終回直前となった「セクシーボイスアンドロボ」です。



ふとした機会があって、この原作の1巻を読みましたが。
漫画原作のドラマ化と思ってこのドラマを見てはいけないですね。

「喰いタン!」の時もそうでしたが、ドラマの設定だけをいただいて、後は脚本家のアイデアに任せていると言ってもいいかもしれません。
まぁ、喰いタンの時は、原作の設定すら変えてしまい、ストーリーに至ってはまったくのオリジナルですから、原作とは呼べないという印象すらありますが、こちらの方は、ある一点を除いては、設定は原作どおりです。それにストーリーの方も、原作のエピソードの断片が感じられますから、まだ原作と呼べる雰囲気が残っています。


それでも。
やはりこのドラマは、原作を見事にドラマ化した脚本家「木皿 泉」の作品といっていいでしょう。

なぜか。
原作の重要な部分を残しつつ、自らのオリジナリティーを感じさせる部分をうまくはめ込んで、見事にドラマとして「完成」させているからです。

原作つきのドラマの場合、「原作を尊重する」と言いながら結局は原作をそのままなぞっただけで、単に媒体を変えただけの作品だったり、逆に「原作にとらわれない」と称して、原作を構成していた重要な部分を崩してしまって、結局破綻してしまっている作品だったり、原作よりにもオリジナルよりにもなれず、結局中途半端に終わってしまっている作品だったり・・・、企画サイドとしては「人気がある程度取れる」と読めるはずの作品なのに、結果的に失敗し、原作の
「忠実な」ファンからはボコボコに非難されるってのがよくあるのですが・・・。




今回のドラマのHPでは、このドラマは次のように紹介されています。

七色の声を持つ14歳の少女・ニコ。
コードネームはセクシーボイス。

その相棒・ロボ。
ロボット大好きオタク青年。
でもそれ以上に女好き・・・ただし、連戦連敗。

そんな2人が、謎の婦人から依頼を受けて、
次々と事件を解決していく冒険活劇。



このうち、原作通りなのは、2人の設定。
あと、冒険活劇(…って古い表現!)ってところ。
(ちなみに原作では、ニコは女スパイか占い師を目指す少女、となっており、だから依頼を受けて活躍する…という展開になっているのです)


これに対し、違う点。
依頼を持ち込むのは、原作では謎の老人(♂)です。
ところがドラマでは、謎の老人が男性から女性に変わっています。
それでも、この程度の変更でしたら、骨格に関わる部分とは思えないので、原作を知っている人でも、そんなにとがめたてる人はいないと思うのです。
(ですが、この設定変更って、後から効いてくると思います)


というわけで、原作の骨格部分を引き継いでいて。


その上で、オリジナルに膨らませている部分があります。
それは、ニコが女スパイか占い師を目指す14歳の少女である、というところにスポットを当てて、ストーリーを作っているという部分です。

女スパイか占い師を目指す、という時点で、ちょっと変わった少女であるという印象があります。そして、何も知らない無垢な少女というわけではなく、読書家だったりで結構知識はありそうな子という印象もあります。

で、ストーリー展開の方はと言うと、そういうちょっと「現実離れ」したところのある「少女」が、自分の夢見ている世界がすべてではなく、ロボや謎の地蔵堂の女主人なんかと出会い、事件に関わっていく過程で、自分が世界とどうしようもなく関わっていくことを実感として知っていく、という形になっているのです。

たとえば第1話では、「三日坊主」と呼ばれる3日間しか記憶が持たない男に出会います。
この三日坊主は、実は殺し屋だったりするのですが、依頼を受けて、謎の地蔵堂の女主人を殺しにやってきます。
そこへニコが、三日坊主の殺人を止めるために駆け込んできて、こんな会話をします。

「どうせ忘れるから殺してもいいなんて、そんなの嘘だ!」 (ニコ)
「どけ!」 (三日)
「そんなの言い訳だよ!」 (ニコ)
「頼むからどいてくれ」
「鳥にエサをやったことも、チョコのアイス食べたことも、人を殺したことも、
 カレー食べたことも、
 全部忘れたからって、無かった事にはならないんだからね!
 ・・・私がおばあさんになっても、ずっとずっと覚えてて、孫とかに話して・・・
 だから絶対に無くなったりなんかしないんだからね!三日坊主!!」

こうして、なんとかその場では三日坊主の殺人を止めることはできたのですが、しかしその結果として、三日坊主は依頼人から(と思われる)荷物を受け取り、それが爆弾だったために殺されてしまいます。

それを知ってニコは、当然ながら動揺します。
そして、謎の女主人になぜ、三日坊主は殺されたのか、それはひょっとして自分のせいなのか?と詰問します。
この質問に対し、女主人は意外ともいえる言葉を返します。

「そうよ。あなたのせいよ。だってあなた一人で生きているんじゃないもん。
 この世界にあなたは関わっているの。どうしようもな~く、関わっているのよ」

そして、ニコは、最終的にこんな感想を持ちます。(モノローグ)

「私は一人で生きてるんじゃない。
 だから、この世には損だとわかっていても、踏み込んでしまう一歩がある。
 それはいいことなのか、悪いことなのか、誰にもわからなくて・・・
 だから多分、それは自分で決めなくてはいけない一歩で・・
 私は生まれて初めて、生きるのって怖いと思って、泣いた」


つまり。
冒険活劇といいながら、実際にそういうストーリー展開(第1話では連続殺人事件の犯人探し)をしながら、結果としては「夢見る少女が現実を知って変わっていく」成長ストーリーとなっているのです。

しかも、その軸に沿って、細かいネタがきれいに組み込まれています。

たとえば、ニコが公園で見かけたTVドラマの撮影現場で急遽端役を割り当てられてしまい、その撮影中に偶然三日坊主を見かけるシーンがあったのですが、それが、そのドラマが後日放送され、それを見ていると、その映像の中に三日坊主が映っていて、そして三日坊主のことを思ってしまうというシーンにつながっています。
先にあげたにこのモノローグは、この時のものです。


三日坊主は、殺人なんかやっちゃいけない!というニコの説得を、受け入れました。
それは自分から自発的に考えた結果としてではなく、偶然関わった他人からの説得を受け入れたものです。

つまりニコは、生きていく中で、好むと好まざるにかかわらず、自ら何かを決断し、踏み出していかなければならないことがあること、そしてその結果は、いいものであれ悪いものであれ、自分が受け止めなければならないのだということを実感したのです。



それまでは、

「大抵の親は、面倒なことは知りたくない。
 子供はそういう事、イヤっていうくらい学習しているから、よく知っているのだ。
 とにかく問題を起こさないこと。トラブルになることは避けて通ること。
 ヘマをして、学校にも家にも居場所を失くした子が、今どうしているのか、
 私たちは知らない。私にとって世界は、家と学校とコンビニで、できている。
 その中で私は上手くやり過ごす。その角を曲がるまで・・・そう思っていた・・・」

なんてことを思っていた少女が、です。



すごいじゃないですか。

あ、ニコの成長もそうですが、細かなパーツ(つまりシーン)を伏線としてうまく利用して、慈雲が描きたい成長ドラマとして成立させている脚本家の力が。


第1話だけで、なんだかすごい長文になってしまいましたが。
第2話では、折角刑務所から出てきたというのに、「守れなかった約束を果たす」ために結果的に強盗を犯し、約束を果たすために逃げる「ごぼ蔵」に巻き込まれ、「取りかえられない運命の人に出会う」ことの意味を考えたりし、第6話では、些細なケンカから離婚?というところまで話が大きくなり、家族離散?ということを考えざるを得なかったニコが、本当の家族でないけれど本当の家族以上につながっている家族を知ったり、(この時ロボの方も、母親が突然上京してきて、そのことで振り回されるのですが、それが事件解決に役立ったりなんかもしてます)、とどんどん成長のレベルを上げています。

そして、続き物だった8話、9話では、ロボとの関係に変化があり、自分とロボとの関係っていったいなんだろう?なんてことまで考えるようになってきて・・・


そして、今日の第10話。
突然、地蔵堂の女主人が「ニコを養子に迎えたい。ただし、何も変える必要はない。ただ、養子縁組をしたいだけだ。謝礼として2億円を考えている」とやってきます。
手付けとして1億円と、大量のメロンを抱えて。

それを聞いて、口では「そんなこと・・・」といいながらも、あまりの金額に心が動いている様子を隠せない家族。

でも、当然それには裏があって・・・ということでいろいろありまして、突然の停電をきっかけにごたごたが丸く収まり、そしてそれと同時に、「本当に大切なものってお金じゃない」という当たり前のことに、それぞれが気付いていく・・・というような感じのお話でした。


ちょっと説教臭いお話ですが、伏線の張り方がキレイなので、それを感じさせません。

こんなすごいドラマが、どうして視聴率的には振るわないのか・・・
ちょっと不思議に思います。(まぁ、思い当たるフシがなくはないのですが)



来週の最終回。
ゼッタイに見逃せませんね。




ちなみに、木皿 泉ってのは、過去の作品で言いますと、『スイカ』とか『野バラ。をプロデュース』などの脚本家です。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック