見逃してましたよ、「女王の教室」と「ワールドクエスチョン」

先週に引き続き、ガンプラ製作にいそしんでおります。
お昼過ぎの2時くらいから始めて、ほぼ12時間かかってようやく本体の基本部分が完成。
さすが1/100のマスターグレード。手首だけで7つのパーツがあって4箇所可動なんて芸が細かすぎです。
シールを貼ったり、オプション部品を作ったりは・・・明日ですなぁ。


それはともかく。
ガンプラ作りだけをしていたわけではなく、テレビをちらちら見ながら作業をしていたわけですが。

ということで、ドラマ「女王の教室」。
先週はバレーボールにチャンネルを奪われて見逃していたのですが、今週は「どうせ負けるよ、この連中」ということで、このドラマを見ました。

いきなりオープニングからかましてくれるじゃないですか。
ありきたりの教育ドラマにはしないぞって雰囲気がプンプン。

すぐにこの世界に引き込まれてしまいました。

冷静に考えれば、子ども達とか母親の行動の設定とか、あまりにもパターン的に作りすぎていない?っていう気がしなくもないですが、冷静に正論を振りかざして独裁者となる教師、という設定がインパクトがあって、どこまで暴走してくれて、それに対しどう戦うの?という興味の方が上回ります。

またその役柄に天海祐希がぴったりはまってますよ。
前クールは「離婚弁護士2」でコミカル路線でいっておいて、今クールはガラッと違う、だけどみごとな演じっぷり。
さすがですよ。

エンディングの主題歌に合わせてのみんなの踊りも、一見の価値ありですしね。

これは、今クール、確定です。



それから、ドラマではないですが、「ワールドクエスチョン」。
深夜枠なので関東ローカルの可能性がありますが。(深夜12:50~)
意外にこの番組も、旅好きとしては見逃せません。

芸人コンビが、マスター(萩原流行)からクイズを出題され、最初に賞金100万円を与えられます。その賞金を使ってクイズの盛会を現地に確認しに行き、残った賞金をもらえる、という仕組みです。
前回は、中川家の二人が、アメリカに「白い砂漠」とはどんなものかを調べに行きました。
(ちなみに、予想していた岩塩の砂漠ではなく石膏でできた砂漠でした。)
今回は、タイムマシーン3号とかいうよく知らない芸人コンビがパラオへ「オレンジの湖」を探しに行くというものでした。(正解は、その湖にはあるクラゲがたくさんいて、そのクラゲがオレンジ色なので湖がオレンジ色に見えるというもの)

交通費とか宿泊費、食費もすべてスタッフの分も含めて賞金の中で賄わなければなりません。そして残った金額が自分のものになるので、なんとか安く上げたい。しかし、あまりケチると自分達が辛い。そのバランスの中での正解探しが結構面白い。それ以外にも現地でしかわからないことが見えてきて、自分がそこに行っているような気分になります。
先週の中川家なんて、あまりにもドライブが単調で、「ブレーキ踏みたい」「曲がりたい」なんて言ってました。

ちなみに次回はFUJIWARAの二人が挑戦するとのこと。

・・・ただ、番組のサイトに行ってみたら、これは3回で終わってしまうとか。
この枠は、バリューナイトフィーバーという枠で、次のゴールデンを狙う企画のテストという位置付けなんだとか。ということは、評判がよければ、ゴールデンとかに昇格という可能性があるということですね。
期待できます。

なお、この後のラインアップでは、「笑い飯の臭い飯~ザ・監獄漫才」とか期待の持てそうな企画が上がっております。


結構楽しみ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年07月12日 01:05
「女王の教室」は天海祐希が怖くて子どもたちが可哀想になってしまって直視できません、ワタクシ。でもあのエンディング、さすが元宝塚トップだけあってすごくいいですなぁ…。もうちょっとおちついてストーリーが進んできたら、まともに見れるとも思うんですがね。
2005年07月12日 01:49
sora@oさま
第1回はもっとすごかったらしいですね・・・確かに、かなり怖いです。
でも、ホラーの怖さとは違うので、大丈夫ですよ。

この記事へのトラックバック