りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 食べてるのは機内食だけじゃない 2013 その16 ラスベガスのホテルで懐かしい食事にめぐり合う

<<   作成日時 : 2013/12/24 21:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

夕方に成田を出発して、ロサンゼルスに到着するのは現地j時間の朝の10時くらいです。
それから、飛行機を乗り継いでラスベガスに到着するのは昼の2時くらいなんですが、昼食を食べ損なう、というか食べられないことが多いです。


…単に、機内で食べすぎでしょって感じですが(笑)。


となると、ホテルに到着すると、さすがに空腹を感じて、ちょっと軽食でも、という気分になったりします。
というわけで。

画像


これが5ドルとか6ドルしちゃうってのが、さすがホテル内の売店。


で、今回はこれを食べてしまったがために、夕食の気分にならず(というか、お腹が満ち足りたら子供のように眠ってしまった)。

画像


深夜にこんなものを食べております。

あ、これ、アップルパイです。
一応。


こうして夜更かしをすると、朝食が10時過ぎになったりしますので、当然昼食はパス。
で、夕食。

こんなものに、めぐり合ってしまいました。

画像


よくあるテイクアウトのパックなのですが。
ワタクシにとっては、もう、懐かしくてたまらないものです。

中身は。

画像


ごく、普通の中華です。
何の変哲もない、特筆するほど美味しいわけでもない、むしろ中年真っ盛りのワタクシにとってみれば「油ギトギト」の忌避したいようなものです。



ですが。

これなんです。




ワタクシ、もう10年以上前になりますが、アメリカのIT業界がネットバブルだった頃、それに少しだけ関わっていたことがございます。といても外資系の会社にいたわけでなく、日本人の方が出資を集めてアメリカで一勝負しようとされるのをお手伝いしていた、というだけなのですが、その関係でロサンゼルスの郊外にいたことがございます。まぁ、Visaの関係で、2〜3週間滞在して帰国して、ってのを繰り返す感じだったのですが。


ワタクシ、車の免許を持っていませんから、食事なんかはモーテルの近くのテイクアウトに頼ることが多くなります。そして、一番お世話になったのが、こういう中華のテイクアウトなんです。


チャーハンか焼きそば、それにおかずを2つくらい。
これで8ドルとか9ドル。
これにコーラ。


あまりにも変わらない味付け(くどさ)にいい加減麻痺してくるのですが、ちゃんとっしたレストランで毎日食事をするような余裕もなし、かといって自炊もできない、となると、こうするしか仕方がないのです。

そういうお店は、チェーンというわけではないのに、だいたい、やはり中国系の方が経営していることがおおいのですが、結構あちこちにあります。

で、そのときにお世話になったタイプのお店が、ホテルの中にあったのです。
他にも、インド系のお店とか、いろいろありました。
まぁ、なんというか、ホテルの中にフードコートがある感じ。


懐かしくて、懐かしくて。
おもわず、これにしてみました。







ワタクシの感動は、多分、皆様には伝わらないような気がしますが。
とにかく、個人的には、感涙モノでした。


で、翌日。
これまた、ワタクシにとっての定番。

画像


これにコーヒーとトーストをつけて、だいたい15ドルくらい。
結構、豪勢ですね、考えてみると。




中身と値段がつりあうかどうかは別にして(笑)。」

で、夕食。
飽きもせずに、これです。

画像




うん。。。美味しかったですよ。。。


で、最終日の朝。
マッカラン空港のレストランで。

画像


これ、一応、フレンチトースト、です。





…orz



まぁ、いろんな食事がありますよね。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
食べてるのは機内食だけじゃない 2013 その16 ラスベガスのホテルで懐かしい食事にめぐり合う りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる