りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS シンガポールのマレー鉄道の駅って移転していたんですね

<<   作成日時 : 2012/05/11 21:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ジョホールバルから国境を越えてきて、ウッドランズのチェックポイントに到着しました。
入国審査で、一人一人の審査にやたら時間をかける係員に当たってしまった上、その列で書類に不備があるグループがいたため、20分近く時間をロスしてしまい、それ以外にもなんだかんだとあって疲れていたので、ここからバスに乗ってクインバスターミナルへ向かうのではなく、ここから最寄のMRT駅までバスに乗った方がいいだろうと判断し、バスに乗らずに外へと向かいました。


すると、長い通路を歩いていく必要があるのですが、なにやら人が並んでいます。
何だろうと思っていたら、KTMというサインがありましたので、あぁマレー鉄道か、思い当たりました。

確か、かなり前にマレー鉄道に乗ったとき、国境で入国検査を受けた覚えがあります。





ですが。
あくまで国境のチェックポイントであって、乗車とか下車ができなかったはずでは?




しかし、キップ売り場もあるようです。
後で気になって調べてみたら、去年の7月に、タンジョン・パガー Tanjong Pagar 」駅を廃止して、「ウッドランズ Woodlands」駅に移転した、とのことでした。



移転したというより、ここで打ち切りにした、という方が正しいような気がしますが。

画像

画像


手前が駅。
奥が国境のチェックポイントです。



久しぶりに乗ってみたい気がしましたが。
国境のすぐそばに駅を置くくらいだったら、マレーシア側のジョホールバルを出発点にすればいいんじゃないでしょうかね。
乗ってすぐにパスポートチェックするってのも面倒でしょうし。
ひょっとしたら、乗車前にパスポートチェックをするのかもしれませんが。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シンガポールのマレー鉄道の駅って移転していたんですね りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる