りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 巡礼しているかもしれない日記 その7 巡礼に欠かせない道具

<<   作成日時 : 2012/05/01 16:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


オイスターカードです。
何故牡蠣なのか?理由があるのかもしれませんし、そもそもそういう意味ではなく、単なる略語の語呂合わせなのかもしれません。
興味がある方はご自分でお調べください(笑)


これ、ロンドン観光には欠かせないカードです。
地下鉄の券売機で購入可能ですので、是非ご利用ください。




何が便利かって?
実は、このカード。
現金をチャージしておくと、地下鉄やバスに乗った際に、ここから料金が引かれていくので、小銭を用意しなくても便利ですよね…って、それだけだと、Suicaみたいなカードと同じです。

当然ながら、それだけではありません。





このカードの最大の特徴は、「1日あたりの上限金額が決まっている」という点です。

ロンドンの地下鉄はゾーン制をとっていまして、ゾーン1内部の移動だといくら、ゾーン1から2への移動だといくら、というように料金が決まっています。
(確か、ゾーン1だけだと2ポンドだったような気が…)

ですから、最初のうちは、普通にその料金が引かれていきます。
しかし、支払い金額が一定金額を超えると(1日7ポンド)、それ以上は引き落としされないのです。

このカードを持っていれば、1日7ポンドで、地下鉄・バスが乗り放題…とまぁ、そういうことです。
ゾーン3とか5までは移動しなかったので、そういうエリアまでそのルールが適用されるかどうかは確認していませんが、だいたいロンドン市内の観光スポットはせいぜいゾーン2までのエリアにあるので、実質上観光に使う限りは、交通費は1日7ポンドぽっきり…そういう認識でいいでしょう。

ただし欠点もあって、購入の際はクレジットカードが使えるのに、チャージの際は現金だけ(カードでチャージできる券売機はあることはあるのですが、ごく限られた場所にしかない)だったりします。
ですから、購入の際、自分が使う日数を意識して、その分だけをチャージしておく(5ポンド単位だったと思う)、とすれば問題ないでしょう。

払い戻しは…できるとは思いますが、面倒なんでやってません(笑)
香港のオクトパスカードだと、なんか制限があったはずなので、ロンドンもそうかもしれませんが。




あとは、路線図。

ロンドンの地下鉄は、東京メトロ並みに複雑です。
ニューヨークほどではないかもしれませんが。

何が複雑かって、一番わかりにくいのは、同じホームに複数の路線の電車がやってくるということ。(無論、路線ごとにホームが分かれている駅もあります)

それから、終点の駅名を確認しておきなさい、と言われても、途中駅が終点の電車もあったりしますし、同じ路線でも別の方向にそれぞれ終点があったりします。

ワタクシがなんとなく目安にしていたのは、自分の目的地が乗車駅から見てどの方向にあるのかということです。
厳密ではないのですが、東西方向、南北方向といったおおよその方向がわかっていれば、何とかラインの北行き(North Bound)、東行き(East Bound)という感じで、どのホームに行くべきかとか、この列車に乗るべきか、なんてことがわかります。

それに、ソウルみたいに、2つの路線が複数の駅で交わっていたりします。あ、ソウルほど無節操ではないですけど。



まぁ、ガイドブックには当然ロンドン地下鉄の路線図は載っているでしょうけど、車内とかでガイドブックを開いたりするのは面倒ですよね。
地下鉄の駅には、コンパクトサイズの路線図がおいてありますので、それをもらってポケットに入れておくと便利でしょう。

欠点は。
路線図では別の駅だけど、実際の所在地は100mも離れていなかったりすることがあるけど、それがわからないってことですかね。
それについてはあきらめるしかないです。






というわけで、以上で、準備完了。


さぁ、出発です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
巡礼しているかもしれない日記 その7 巡礼に欠かせない道具 りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる