りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS バリで怠惰に過ごす日記 その1 そうだ、リゾートに行こう、だけどインドネシアはそう簡単じゃない

<<   作成日時 : 2011/02/28 20:42   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ワタクシ、一応サラリーマンではありますが、基本的には「いろんなしがらみとは無縁に好きなことを好きなようにやる」というポリシーでやっております。
しかし、サラリーマンである以上、逃げ切れないしがらみというものはあり、そういったものからくるストレスがたまらないように、定期的に(爆)海外に逃亡してリフレッシュを図っているわけですが。


最近は、いつものように海外に行けばなんとかリフレッシュできる、というようなレベルでは追いつかないくらいストレスがたまってきています。
まぁ、どれもこれも『オトナの事情』ってヤツが絡んでいるのですが。

で、まぁ、いつも行っているところではなく、これぞリゾートって場所に行って、何も考えずに、リゾート三昧でリフレッシュしてみよう、と思い立ったわけです。





…たまたまANAのHPを見ていて、ジャカルタ線新規就航に伴い、バリ行きのお得なチケット発売中というニュースに気付いて、ほんの1〜2分で思いついた理屈ですが(爆)



というわけで、旅に出たわけです。
こちらで書きましたように、出だしからいろいろとございましたが。

画像


出国手続き中って保安検査場が閉まっている状態でどうやって出国手続きをするんだよ!って突っ込みをしたくなる状態。
この段階でもう10人以上の人が行列しています。
この後も行列が長くなることが予想されたので、スターアライアンスゴールド用のプライオリティレーンのほうへ逃げました。


この後は、ティッシュペーパートラブル以外は特に問題なく、ジャカルタ、スカルノ・ハッタ国際空港まで到着します。
人の名前がついた空港は多いですが、ここは、スカルノさんとハッタさんという2人(独立時の大統領と副大統領)の名前があわせてつけられている珍しいケースです。



が。
ここから、ちょっとばかり面倒な事が続きます。

まず、ヴィザの取得。
ガルーダ・インドネシア航空を利用していると機内で取得できるようですが、それ以外の会社だと、空港に到着してからヴィザ料金を支払ってヴィザを取得しなければなりません。
USドルで25ドルという料金ですが、一応他の通貨でも支払えるみたいです。
ただし、お釣りは現地通貨でしかもらえませんし、レートはちょっとだけ悪いみたいですが。
たまたまUSドルは持っていましたので(というか、いつも財布にはいろんな国の通貨が入っている)、それで支払いました。

で、その支払いをしてから、入国審査となります。
2回並ばないといけないので、面倒。


次に、バゲージエリア。
国内線と国際線が同じ場所にあります。
多分、コンベヤの位置で区別しているんでしょうけど。

そして、出てきたところで、東南アジアの空港にはよくあることですが、客引きがうじゃうじゃ寄ってきます。
ちなみに両替だって、人は出てきませんが、カウンターから乗り出さんばかりの勢いで「こっちへ来い」と呼び込みをしております。

そういうものを潜り抜けて、乗り継ぎ手続きをしなくてはなりません。



そう、乗り継ぎ。
ここから国内線に乗り継ぐのですが、ガルーダ・インドネシア航空は、スターアライアンスだけでなくほかのアライアンスにも加盟しておりません。スカイチームに加盟するという話を聞いたことはありますが。
とにかく、そういうわけで、成田ではスルーチェックインができず、それに当然荷物も入国時の税関検査が必要なので、搭乗手続きと同時に荷物を預けるということをしなくてはならないのです。

その乗り継ぎの手続きをどこでするのか。
これがわかりにくい。
出発フロアは階上というのが世界の常識なので、エレベーターで上のフロアに上がります。

画像


ターミナルが向こうの方まで続いているのがわかっていただけるでしょうか。
で、このどこが国内線なのか、わかりにくいのです。

入り口が複数個所ありますが(当然)、そこでどの会社の手続きができるかは看板が出ていますが、それ以外の会社がどこなのか、案内が出ていないのです。
まぁ、国内線ですから、多分端の方だろうという想像はつきますけど、案内は出すべきじゃないでしょうか。


それに、今回はガルーダ、つまりインドネシアのフラッグキャリアだったのでよかったのですが、インドネシアは島国ですから、飛行機の移動がメインの国で、航空会社はたくさんあります。この時は気付きませんでしたが、別のターミナルもあり、そちらを利用する会社だったら…と思うと、ちょっと怖いです。


まぁ、乗り継ぎにかなり余裕があったので、まずはゆったりとニコチンを補給し、それからのんびりとターミナルを移動。
予想通り、国内線のターミナルを見つけたので、保安検査を受けてターミナルの中に入り、チェックインの行列に並びました。
そしたら、途端に注意。

理由はよくわかりませんが、とにかく別の行列に並んで、チェックインする荷物に紐を巻きつけなければいけないようです。
それをしてもらって、再度チェックインに行列に並びます。


もらった搭乗券は、超小型。
荷物をチェックインすると、バゲージのクレームタグをもらいますが、あれと同じサイズ。
ちょうど搭乗券の裏に貼り付けると、同じサイズなので便利…なのかなぁ…


そこからゲートに向かいます。
喫煙コーナーは…カフェと同居しています。

画像


飲み物を注文してもしなくても利用できるようですが…


ここでしばらく時間をつぶしました。





長くなってきたので、続きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バリで怠惰に過ごす日記 その1 そうだ、リゾートに行こう、だけどインドネシアはそう簡単じゃない りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる