りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS ジョホールバルです

<<   作成日時 : 2010/09/19 03:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ジョホールバルといえば、野人こと岡野選手のゴールで初のワールドカップ出場を決めた場所という印象が強いですが。

ワタクシにとっては、シンガポールの宿泊代の高さに耐えかねて、どうせホテルでのんびりするだけだったらこっちでいいよねと逃げ出す場所です。

今回、新たなルートを開拓いたしました。



普通、シンガポールからジョホールバルに行く場合、クイーンバスターミナルという所からバスもしくは乗り合いタクシーに乗るのが一般的です。
チャンギ空港からだとMRTでBugisという駅まで向かい、そこから歩いてちょっとの所なのですが。


今回のように、土曜日の夕方はすごく混みます。
道路もそうなのですが、バスに乗るだけで結構な長さの行列ができているのです。
バスは頻発しているのですが、荷物を抱えて行列に並ぶというのが…



そこで、前回ジョホールバルへ行った時はタクシーに乗ったのですが。

今回、チャンギ空港の第2ターミナルの到着ロビーを歩いていたら、Transtarというバス会社のカウンターを見つけました。空港からジョホールバル行きの直通バスがあるというのです。


カウンターの係員さんに聞いてみると、今出発したばかりだから次のバスまで時間がかかるけど…と言われましたが(時刻表はなかったのですが1時間に1本くらいのようです)、行列するよりははるかにマシです。
30分ほどマクドナルドで時間をつぶし、バス乗り場に行きました。

バス乗り場は、市内行きのMRTとはちょうど反対側、市内に近い側の一番端っこにあります。
ここでTS1というバス番号を探します。



ありました。
15人乗りくらいのミニバスです。

料金は7シンガポールドル。
(ちなみにジョホールバルからは7マレーシアリンギット。この料金体系、なんか納得できないです)


空港エリアを抜けてから国境まで約40分。
ジョホールバルのチェックポイントまではそこからさらに10分。
バスはこの後、コタラヤバスターミナルというところまで行くようですが、私はそこで下車しました。




で、今回乗車しての結論。

短気な人には向きません。
でも、乗換えが面倒という人にはお勧めかも。


まず。
第2ターミナルが始発というところが問題。
ここからUターンして第3ターミナル、第1ターミナルと順番に回って、それからさらにバジェットターミナル(LCC:格安航空会社向けの専用ターミナル)を回っていきます。

なんで空港内を1周するの?
第3ターミナルを始発にして、そこから第1、第2、バジェットと回ればいいでしょう?

あと、今回だけでしょうが、無線で出発を待ってほしいという連絡が入ったみたいで、出発が10分も遅れました。そのせいもあって、空港エリアを脱出したのは、19時20分を回っていました。(ちなみに第2ターミナルの出発予定時間は18時50分)


それから、国境までも直行ではありません。
いくつか停留所があり、しかもその停留所はハイウェイに面していませんから、わざわざハイウェイを降りて行く必要があります。結構なタイムロス。


急ぐ旅ではないし、その程度は許容範囲と見るかどうか。







ワタクシは、気が短い方なのでダメです(T_T)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジョホールバルです りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる