りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコチンに振り回される中米の旅 その10 さよならサンホセ、また来る日まで

<<   作成日時 : 2010/05/23 02:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

部屋に一旦戻った後、もう一度外出。
今度は、お土産を買うためです。

コスタリカで有名なものといえば、コーヒー。
じゃぁ、コーヒー豆をお土産にすればいい。
安直な発想ですが、妙に凝ったものよりは、こういうものの方が受け取った側もいいのではないでしょうか。

ただ、問題があるとすれば。




重い。





コーヒー豆といえば、小さなパックでも250g入り。
ワタクシの場合、諸般の事情で所属部署が2つあるようなものなので、そのそれぞれの部署の方々にお土産を配るとなると、20人分。

ということは、それだけで5kg。

夕方の込み合っている時間にスーパーで大量の買い込みをして、行列の後ろの方々にはご迷惑をかけてしまいましたm(_ _)m。


部屋に戻ってそれをカバンに詰めたら、それまで開きスペースがたっぷりあったスーツケースがいっぱいいっぱいになって、ふたを閉めるのに一苦労(^^;;;



それから食事。
暗くなってきたので、ホテルのレストランで済ませることにしました。
タバコも吸えるし(^^;;;


画像


ソースで具材が見えませんが豚肉です。

画像


サラダはついていましたが、やはりパンはついていませんでした。
あと、食後にカフェ・コン・レチェ。




翌朝。
ゆったりと朝食をとって、出発まで本を読んで過ごします。

フライトタイムが15時で、空港までは30分くらいですから、13時少し前に出発すれば余裕でしょう。
チェックアウトが12時だったので、チェックアウトだけ済ませ、レストランでコーヒーを飲みながら時間をつぶします。

で、12時半を回ったところで出発。



ところが、ここからが大変。

まず、タクシーを捕まえようと、ホテルの駐車場へ。
(このホテル・バルモラル。玄関前の道路は歩行者天国になっていますので、裏口にある駐車場(建物の内部)でタクシーを捕まえることになります。)

係員さんが、「今、ホテルの燃料タンクに給油しているから、少し待ってほしい。空港に行くのならタクシーを呼ぶから、その間に待っていればいい」ってなことを言ってきました。
まぁ、そんなに急がなくてもいいだろうからと、おとなしくOK。

でも、給油に時間がかかるし、タクシーも来ない。
というか、流しのタクシーは、駐車場の出口のところをどんどん通るんですけど…


ちょっとイライラしていると、15分ほどでタクシーが到着。
って、タクシーじゃない!
ツーリストバスじゃん!!

ですが、料金は1人でも25ドルと、普通にタクシーに乗るよりやや安い料金。
まぁ、それならばいいでしょう。



で、走り出すのですが。
なぜか、裏道へ。

マヌエル・アントニオに行く時もそうだったのですが、空港方面に向かう時は、パン・アメリカンハイウェイを行けばいいはずなのですが、それを利用しません。
そして、その裏道がすごい渋滞。

何で渋滞しているのかはわかりませんが、とにかく少しずつしか動かないのです。
再び、イライラ。

運転手さんにもそれが伝わったのか、「別の道を行く」ということで、来た道をUターン。
そして、曲がっていったのですが、その道も渋滞(T_T)。


それでも何とかパン・アメリカンハイウェイに抜けることができたのですが、そこから先はとてもスムーズ。
この道を最初から利用しなかったのはなぜ???

…結局、空港に到着するのに1時間以上かかってしまいました。




空港に到着して、まずやらなければいけないのは出国税の支払い。
普通は、航空券購入の際に同時に支払うものですが、ここコスタリカでは、昔の成田空港の使用料金みたいに出国前に支払うシステムのようです。
ただ、ホテルによっては、その支払いをホテルで済ませることもできるようですが。
(少なくとも、ホテルバルモラルではそれができた…ワタクシはそうしませんでしたが)


出国税の支払い証明がないと、チェックインを受け付けてもらえません。
無事、チェックインを済ませ、セキュリティエリアへ。


ここ、ファン・サンタマリア国際空港は、セキュリティエリアでもタバコが吸えたはずです。
(前回の記憶)

ということで、喫煙コーナーを探します。




ありました。
ただし、出発フロアである2階にはありません。

4番ゲート付近にあるエスカレーターで1階に下りていったところにありました。

画像


しかも、ここ。
有料です。

というか、喫煙コーナーという扱いではなく、タバコが吸えるバーという扱い。
ですから、コーラなどのソフトドリンク、あるいはアルコール、軽食で3ドル以上の支払いをしなければなりません。

画像


コカコーラじゃなくてペプシじゃん!
個人的には、ゼッタイにコカコーラ派なのですが、背に腹は変えられません。
ここで出発時間まで待機。



時間になってゲートへ移動し、出発。

画像




さようなら、コスタリカ。
何年後になるかはわかりませんが、きっとまたやってきます。

その日まで、アディオス。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
べとなむ からだと こめんと できないー
kase@べとなむ
2010/05/23 09:13
お! かきこめた ! じつはpcがこわれました!! れんらくさきをおくってください!! 26にち めし しましょう !!
kase@べとなむ
2010/05/23 09:15
そんなにコーヒーを入れたら麻薬が入っていると思われそうだ!(笑)
yy-holmes
2010/05/24 10:51
yy-holmesさま
そこは、それ、あの、その…ワタクシの人格でクリアできたってことにしていただけると助かります…
まぁ、ホントは、粒というか粉の大きさが違うから大丈夫なんでしょうが。
りーまんとらべらー
2010/05/24 21:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニコチンに振り回される中米の旅 その10 さよならサンホセ、また来る日まで りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる