りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコチンに振り回される中米の旅 その5 マヌエル・アントニオは国立公園でビーチも楽しめます

<<   作成日時 : 2010/05/19 06:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先ほどの竹が群生しているところから少し歩くと、トイレなどの休憩ポイントがありました。
ここでガイドさんが、地図を見ながら説明。

「もうすぐ、お楽しみポイントだ。」

その言葉通り、そこから2,3分でこんな風景が広がってきました。

画像


画像


画像


ここマヌエル・アントニオ国立公園には、公園の内部にビーチがあるのです。
公園に入るには10ドルの入場料が必要なので必然的に人が少なく、ですからビーチを貸し切りとまでは行きませんが、プライベートビーチに近い感覚で楽しむことができます。

おもわず、靴を脱いで水辺に。
画像


トレッキングに来た人は、こうやって日陰から見ているだけの人が多いですけどね。

画像


かなりきれいな水。
そしてワタクシの場合、ビーチといえば白い砂!という固定概念があるのですが、まぁ、そこそこのもの。

満足して日陰に戻ったところ、ガイドさんがカメラを貸してごらんというので、カメラを渡したところ。

画像


画像


何が写っているのでしょうか?
よくわかりません。



画像


休憩時間が終了して、移動。

画像


画像


「小さいトカゲ」展におもいっきり近づいていっております(笑)。


と思ったら。
2,3分歩いたところで。

画像


ここでトレッキングは終了。
各自解散、とのこと。

画像


画像


ここもビーチとなっております。
というか、小さな小さな半島みたいになっている部分の細いところをショートカットした、という感じ。

…さっきのビーチの方がきれいな感じですが。

画像


ガイドさんとはここでお別れ。

ただ、海に入ろうにも、そういう準備をしていません。
ここは一旦戻るしかなく、結局はみんな揃って戻っていくことになりました。

その途中。

画像


画像


こうやってはっきり姿を見せてくれれば、ガイドさんがいなくても、バッチリと押さえることができますねぇ。



ここからは海岸沿いに戻っていきます。
で、最後に、

画像


この浅瀬を渡り、林の向こうへ進めばいいようです。

画像


この浅瀬の奥が、国立公園のエリアになります。
浅瀬を渡りたくない人は。

画像


画像


おじさんにコインを渡してボートを渡っていけます。


で、林を抜けますと駐車場があり、その隣が…宿泊していたホテルでした。

国立公園に一番近いホテル、というのは間違いなかったようです。




部屋に戻って、一休みすることにしました。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なんだっけなぁ、このお猿さん。。。あ!そうだ!パイレーツ オブ カリビアン(映画)に似ている猿が出てなかったっけ??? いや、フレンズ(ドラマ)でロスが一時期飼っていた猿だったかなぁ。。。
yy-holmes
2010/05/19 13:12
yy-holmesさま
申し訳ございません…ワタクシ、どちらも見たこと、ないです…
りーまんとらべらー
2010/05/20 05:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニコチンに振り回される中米の旅 その5 マヌエル・アントニオは国立公園でビーチも楽しめます  りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる