りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 思いつきで行くトルコの旅 その14 アヤソフィアへのリターンマッチ、その前に

<<   作成日時 : 2010/03/15 22:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ウィーンで1泊、イスタンブールで2泊、ということで。
実は、まだ4日目だったりします。

この日は、ついに、あの巨大な敵と戦わなくてはなりません。




しかし。
それも、夜になってからのこと。
その前に、まだまだ時間はたっぷりあります。

昨日、定休日ということで見学ができなかったアヤソフィアへ、リターンマッチといかなくてはなりません。





はずですが。

その前に、夜からの戦いに備えて、準備をしておかなくてはなりません。
ホテルをチェックアウトし、タクシーを捕まえて、まずはオトガルへ向かいました。

オトガルとは、バスターミナルのことです。
だいたいにおいてバスターミナルは、市内の中心地からちょっと離れたところにあることが多いのですが、ここイスタンブールも例外ではありません。
ただ、方面によって分かれていないのは、ちょっと珍しいかも。
(実際には、バス会社によって、こことは別の郊外に乗車/降車ポイントを設けていたりしますが)


まぁ、すべてのバスが集中するターミナルなので、結構でかいです。

画像


亀の甲の形をした線が内と外に見えますが、この内の線と外の線の間が、バス乗り場というか、チケット売り場というか、待合所というか、そういう建物になります。

画像


こんな感じで、いろんな会社がずらっと並んでいるわけですね。
その中から、お目当ての会社を見つけ出さなければなりません。
これって、外国人にとっては難しいことです。
というか、トルコ人にとっても難しいようです。

だって、カッパドキアに行きたいという希望はタクシーの運転手さんには伝えていたのですが、結局1周しても見つからず、運転手さんは通りがかった人を呼び止めて聞いていましたから。




で、ようやくカッパドキア方面に向かうバス会社でチケットを購入。
ここで、出発までスーツケースを預かってもらうことにしました。

で、身軽になったところで、アヤソフィアへ向かうことにします。


まずは、空港からここオトガルを経由して市内へ向かうメトロの駅へ。
メトロと言っても、このあたりは地上を走ります。
(ちなみにオトガルは、地上3〜4階分くらいの高いところにあります)


画像


ちょっとぼけていますが、こんな感じ。
ちなみにここオトガルは、空港に向かう路線とは別の支線もあります。
ここから1駅だけの支線ですが。

画像


車内はこんな感じです。


で、終点のアクサライまで乗車。
なお、ここからトラムに乗り換えるためには、ちょっと歩かなくてはなりません。
空港から市内に向かう時は、終点までメトロに乗るのではなく、トラムの始発であるゼイティンブルヌで乗り換えたほうが便利なようです。

画像


これがトラムの乗り場。

画像


このトラムで、ブルーモスク方面を目指します。
ブルーモスクの最寄り駅であるスルタンアフメット駅で下車。

このあたりで、もうお昼になっていましたので、まずは腹ごしらえと行きましょう。
ただ、場所が場所なので、あまりにも観光客狙いという店ばかりです。
ちょっと離れたところでお店を探しました。


すると、こんなお店が。

画像


画像


ここにしましょう。

画像


なんだかセットぽいもの。

画像


パン。

画像


アイランというヨーグルトっぽいドリンク。
ちなみに、ちょっとだけ塩の味がします。

一応、トルコではメジャーな飲み物のようです。




腹ごしらえもすんだところで、いよいよアヤソフィアへ向かいましょう。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
日本も地方都市に行くと電車の駅よりずっと大きなバスターミナルがあるけど、やっぱり分かりづらい^^;
yy-holmes
2010/03/16 09:47
yy-holmesさま
まぁ、バスターミナルそのものが、そもそもわかりにくいものなのかもしれませんねぇ。
りーまんとらべらー
2010/03/16 23:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
思いつきで行くトルコの旅 その14 アヤソフィアへのリターンマッチ、その前に りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる