りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 涙のアラスカにっき その7 南には瀬名が優しく声をかけてくれたけど私には期待できない

<<   作成日時 : 2004/10/03 05:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

ここまでダメダメな時は、何やってもダメなんですね・・・
そのことを今回の旅では感じました。

涙のアラスカにっき その7 南には瀬名が優しく声をかけてくれたけど私には期待できない

って、瀬名がいて声をかけてもらってもうれしくはないな・・・多分(だって私は♂)
(すみません、古いけどロンバケのお話です)

前日の雨がだんだん止んできて、ホテルをチェックアウトする頃には少しずつ青空なんて見え始めていました。今さら愚痴ってもしようがないですけどね。

今日はひたすら移動するだけです。本来なら前回でアラスカにっきが終わっているはずだったのですが・・・
アラスカさんは最後まで手抜きをせずに私を攻め続けました。

11時30分のフライトなので、10時少し前にチェックアウトし、空港まで15分ほど。
チェックインはスムーズに終わりました。

で、アラスカともお別れをかねて空港の外でニコチンをしっかりと補給し、
セキュリティーチェックを抜けて搭乗。
混乱することなく、出発時間少し前には搭乗が終わったようです。

なのに・・・
出発する気配がありません。
時間を過ぎてもドアは開いたままです。

なんだよ・・・
何かあるならあるでアナウンスぐらいしやがれ

10分くらいすると、アナウンスがありました。

は?
聞き取れん・・・

乗客の皆さんがざわざわ動き出し、どうやら降りるようです。
ともかく流れに乗り遅れないように降機して、係員の人に聞いてみますと、出発が遅れるとのこと。
出発のアナウンスがあるまで待て・・・と言われたのですが。

おいおい。
こっちは乗り継ぎがあるんでぃ!
シアトルでの乗り継ぎ時間は50分しかない・・・ってことは、間に合わないの?

係員さんに話をすると、いろいろ調べてくれて、間に合う便を手配してくれました。
でも、それだと・・・ロサンゼルス到着は9時を回りそう。
となると、ホテルにチェックインして、日本に連絡が取れるのは、日本時間で15時を回ってしまうから・・・

締切に間に合わない!



でも、ここでじたばたしてもしようがありません。

こういうときのお約束。
外に出て、ニコチン補給です。

そうしたら、少しは気が落ち着いてきて。
まぁ、出発前に終わった段階までのデータは送信してあるから、それで勘弁してもらうしかないってことか、もしくはシアトルで直接電話して事情を説明してもらうとか何とかするしかないか・・・
ってことで、あきらめがつきました。

そうとなれば、お昼ご飯。
サンドイッチ・・・高いですねぇ。税抜きで7ドルしますよ。

とかなんとか、のんびりしていたら、
新しい搭乗時刻になっても、まだボーディングのアナウンスがありません。

あれ?と思ったら、なんとまぁ、再びフライトが延期になっております。
外に出ている間か、サンドイッチを買っている間にアナウンスがあったんでしょうね。
うんうん。これは大変ですね・・・

なんて、のんびりしている場合じゃない!



三度係員さんに詰め寄ったら、あっさりと新しい搭乗券を渡してくれて、そっちの飛行機に乗れ、と。

いいですよ、乗せてくれるんだったら、なんだって。
パラダイス航空じゃなければ(by 景山 民夫)。

荷物は大丈夫なの?心配しなくていいいよ・・・という無責任な係員さんの言葉を信頼して、別の飛行機に乗ることに。
こちらも一応、シアトル行きで、ロサンゼルス行きに乗り継ぎはできるようです。

まぁ、こういうこともあるよね・・・と言い聞かせながら搭乗したら。


最後のアラスカさんの攻撃が待っていました。

渡された搭乗券は、3人がけの真ん中の席。それも最後列。
ま、事情が事情なのでそれはガマンするしかないのですが。

すでに着席されていた両隣の人を見て、びっくり。


飛行機って、離着陸の時はシートベルトをしますよね。
でも、そのシートベルトって、それほどの長さはありません。
じゃぁ、ここにですね、体格のいい人というか、体重をKgじゃなくてtでカウントするというか・・・ま

相当なデブ

が座る場合、どうするかご存知ですか?

実は、スペアのベルトを渡されるんですね。
渡されたベルトの片方に座席についているベルトの片方を差し込み、
渡されたベルトのもう片方を座席についているベルトのもう片方に差し込む、
とまぁ、そんなことをするわけです。

私の両隣に着席されていた方は・・・二人ともそういう方でした。

私が座ろうかどうか戸惑っていると、通路側に座っていたおじさんが私に気付きました。

「君の座席はここかい?」
「そうみたい・・・」
「心配すんな」

Don't worry.

だと!?この時ほど、この言葉が無責任な言葉だと感じたことはありません。

実際座ってみて・・・


ほら、ピッタリだろ


ってねぇ・・・
この状態で、シアトルまで2時間20分のフライトです(号泣)。


神様。
私が何をしたと言うんですか?
仕事をほっぽらかした罰ですか?
上司を無言のプレッシャーで神経性胃炎寸前に追い込んだ罰ですか?


さすがにアラスカさんもやりすぎたと感じたのでしょう。
これ以降はトラブルなく、無事日本まで帰り着くことができました。
それどころか、ロサンゼルス−成田間はアップグレードの依頼が通っていてNew Styleのビジネスクラスになったし、成田−伊丹間も国際線機材だったのでビジネスクラス用の座席に座れたとか、そこそこラッキーな思いをさせてもらえました。
仕事の方も、トラブルにはなりませんでした。


これで、一安心。

次の旅行はまだ内緒にしてますが、まぁ今度は休みを取らない予定なので、こそっと行けばバレないでしょう(笑)

長々とお付き合いくださり、ありがとうございましたm(_ _)m。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
あぁ,かわいそぅ!!(苦笑)で、もう一回アラスカ行かないのぉ??(笑)Don't worry.って(汗)無責任な言葉って本当にそう!!(笑)大変な旅でしたね。
aya
2004/10/03 10:39
ayaさま
もう一回行きたいですねぇ。・・・来年の夏はアラスカか中欧かで迷うことになりそうです。
りーまんとらべらー
2004/10/03 22:02
なんでフライトが延期になったのぉ??やっぱり、乗り継ぎはハラハラするね〜〜。
yy-holmes
2004/10/03 22:03
フライト延期の理由は、最初のアナウンスで説明していたんでしょうけど、聞き取れませんでした。ネイティブの英語って、頭の中での翻訳が追いつかないので、長い文章はついていけないんです。よく言われるように、英語でそのまま理解できるようなレベルじゃないので(;_;)
今回みたいに、2つのフライトなら大丈夫ですけど、3つ以上は怖いですよね・・・今回の旅のスタート段階で延期があったらえらいことになってました
りーまんとらべらー
2004/10/04 01:36
おつかれさまでした!大変笑わせていただきました(笑)
一貫してニコチン補給のタイミング、遵守してますよね(笑)ともかく無事に帰れてよかったですね〜
アラスカ・・・ 氷河とオーロラはみてみたいです。
けんけん
2004/10/04 22:05
けんけんさま
前の記事も含めて丁寧にコメントをしていただき、ありがとうございます。
サラリーマンの旅は帰ってこそなんぼ、ですからね・・・無事に帰れたからこそ、次の旅に行けるのです

けんけんさまも、そろそろ、ソウルあたりはいかが?
りーまんとらべらー
2004/10/05 03:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
涙のアラスカにっき その7 南には瀬名が優しく声をかけてくれたけど私には期待できない りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる