テーマ:マレーシア

食べてるのは機内食だけじゃない 2013 その22 なんか似たようなものばっか食べてるジョホールバル

いきなり去年の9月まで遡ります。 この9月のお出かけは、2号と同行しました。 しかし、何をするという目的があったわけではなく、ただホテルでまったりしていただけですが。 なので、宿泊費の馬鹿高いシンガポールではなく、マレーシアのジョホールバルで滞在しております。 こんな部屋に滞在したのですが、特にけちの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食べてるのは機内食だけじゃない 2012 その16 アヤシイ2人にふさわしいマレーシアのアヤシイ食事

9月にジョホールバルで滞在したのは、こんなお部屋。 1泊で税込み9000円ほどと、ジョホールバルではかなり高いお部屋。 ちなみに14F。 このホテルZEN REGENCYは5Fのレストランフロアから最上階の15Fまで吹き抜けがございまして、エレベーターを降りてから部屋まではその吹き抜け部分をとりまくようにある廊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食べてるのは機内食だけじゃない 2012 その9 ジョホールバルは安くてうまい食事がたくさん

GWのお出かけの記録の最後の残り物です(笑) シンガポールからジョホールバルへ移動し、しかしまだ朝の10時を廻ったばかりでホテルへチェックインできず、暇を持て余して入った食堂での食事です。 こうやってお兄さんが焼いているのですが。 このアイスコーヒー(無論インスタント、甘さたっぷり)とあわせて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マレーシアの入国審査、変更になったようです

今回のGWのお出かけ前半戦は、シンガポールを経由してマレーシアのジョホールバルへ行ってまいりました。 去年の9月と同じように、シンガポール・チャンギ空港から直接ジョホールバル行きのバスで国境を越えたのですが。 入国審査の方法が変わっていました。 入出国カードが廃止されています。 いつも、入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食べてるのは機内食だけじゃない 2011 その3 食に関しては文句なしのジョホールバル

ケンタッキーのサンドセット+2ピースで15.01リンギットってのがこちらです。 時間はそれほど遅くなかった(現地時間の9じくらい)ですが、あんまり遠くまで行くのが面倒だったので、ホテルから歩いて2~3分のところにあるここですませたのです。 翌日の朝食は、ホテル内で。 いつものように写真はパス。 で、昼食。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱりマレーシアは住みやすい国だと思う

唐突ですが、今、ジョホールバルにいます。 昨日は福岡にいたのですが(爆) 先月、クアラルンプールに行ってきたばかりですが。 要は、先日のお出かけの帰国の際に利用した、シンガポール―東京―福岡のチケットの有効期限が迫ってきたので、それを消化しているだけです。 で、シンガポールに到着して、そのままジョホー…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

2泊5日の暴挙の記録 その5 連続移動の合間に~クアラルンプール空港探索編~

ホテルを11時半にチェックアウトし、タクシーでKLセントラルへ向かいます。 11リンギット。 で、到着時に長いエスカレーターで上まで上がったよね…という記憶を頼りにバス乗り場を探すと、 ・・・ありました。 ちょうど12時発のバスが出発しようとするところだったのですが、チケット売り場でワタクシがチケットを購入していたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2泊5日の暴挙の記録 その4 クアラルンプールってすごく住みやすい都市かもしれない

この日のメインはこちらの記事に書きましたが、それ以外のお話を。 ぐるっと遠回りをして(その結果、タクシー代は16リンギットでした…って、遠回りしてこの料金なんですねぇ…ちなみに帰りは8リンギットでしたけどね)、たどり着いたのはブギッ・ビンタン。 ショッピングの中心地です。 まずは、雨宿りを兼ねて、昼食。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2泊5日の暴挙の記録 その3 初日(厳密には2日目だけど)は大人しくホテルで過ごします

今回予約したのは、シトラスホテル(Citrus Hotel)。 無線LANが使えるという条件でホテルを検索し、全室禁煙という表記を除外した中で、1泊8000円弱とお手頃料金だったのでここを選びました。 しかし。 チェックインしようとすると「予約が見つからない」と言われてしまいました。 ただ、こちらはちゃんとバウチャーをプリン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2泊5日の暴挙の記録 その2 シルクエアー初体験とクアラルンプール空港での迷い方

これから搭乗するのは、MI334便。 一応、SQとのコードシェア便でSQの便名がついていたはずなのですが、搭乗券にはしっかりとMI便名しか表記されておりません。 なぜか、NH*Gという表記もありますが、意味ないですよね… とぼとぼと乗り込みます。 機体はA320。 それも初期型のようです。 シルクエア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これまた手違い?…誰だ、旅のテーマを勝手に決めているヤツは?

クアラルンプールは、ただいま雨季の真っ最中のようです。 昨日も、そして今日も、まさにスコールって感じの大雨が降りました。 昨日は、ほとんどホテルの中だったので実害はなかったのですが、今日はちょうどお出かけをしようと移動しているところだったので、えらい目に遭いました。 そんなもん、調べとけって? ワタクシが雨季とか乾季とかそう…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

2010年のお泊り その5 9月のジョホールバル、シンガポール

どんどんまいります。 9月の最初の連休は、シンガポールへのお出かけ。 でも、圧倒的にマレーシアの方が物価が高いので、ジョホールバルへ逃げ出して、そちらで2泊。 最終日はシンガポール発が朝の8時と早いので、シンガポールで1泊。 そういうスケジュールでした。 まずは、ジョホールバルのホテル。 プテリ パシフィックホテルで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョホールバルです

ジョホールバルといえば、野人こと岡野選手のゴールで初のワールドカップ出場を決めた場所という印象が強いですが。 ワタクシにとっては、シンガポールの宿泊代の高さに耐えかねて、どうせホテルでのんびりするだけだったらこっちでいいよねと逃げ出す場所です。 今回、新たなルートを開拓いたしました。 普通、シンガポールからジョ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南へ、ただひたすらに南へ その7 再び、国境越え

最終日。 シンガポール出発は、深夜です。 それまで、たっぷり時間があります。 というか、どうやって時間をつぶせばいいのか? カンタンです。 ホテルでまったり。 チェックアウト時間の延長を申し出ると、18時までで150リンギット(4500円)とのことなので、それに乗りました。 (なぜか、実際に請求されたの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南へ、ただひたすらに南へ その6 後は帰るだけ

ちょっと間が開いてしまいましたが。 あと、もう少しだけ残っているので、さっさと片付けてしまいましょう。 ユーラシア大陸最南端の場所を見学すれば、あとは戻るだけです。 でも、途中。 こんな場所がありました。 奥の方には人がいます。 近寄ってみますと。 何が釣れるのでしょうか? というか、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南へ、ただひたすらに南へ その5 ついに最南端へ

少しの間、森の中を歩いていきますと。 だんだんと右側が明るくなってきます。 海に近付いてきたのでしょう。 だんだんと気がはやってきます。 ところが。 突き当たりでおじさんが2人、ボーっとタバコを吸っていました。 で、そこに、ロープが張ってあって、「あぁ、ここから先が立ち入り禁止なのか」と納得。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南へ、ただひたすらに南へ その4 ここにもブンブンは存在した!

temporalily closed(一時的に閉鎖)という張り紙にショックを受けてしまいましたが、せっかくやってきたのですから、行けるところまでは行ってみましょう。 というわけで、公園内の探索ルートに向かっていきます。 すると、いきなり、こんなものに遭遇。 よく見てみますと。 ルートの周りのマングロー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南へ、ただひたすらに南へ その3 目的地、それはタンジュン・ピアイ

3日目。 いよいよ、この旅のテーマである「南へ向かう」という目的を達成するための場所へ向かいます。 タンジュン・ピアイ。 ユーラシア大陸最南端の岬です。 ユーラシア大陸からマレー半島がニョキッと突き出しているからには、そのマレー半島の先端が、すなわちユーラシア大陸最南端、というわけです。 ところが、このシリーズ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南へ、ただひたすらに南へ その2 ジョホールバルの街をうろつく

2日目。 この日は、基本的に休養日。 ホテルでのんびり過ごしました。 とはいえ、部屋のお掃除も入りますので、お昼過ぎにお出かけし、ついでにジョホールバルの街をうろつきました。 シンガポールやジョホールバルの中華系の方々にとっては、この2月10日前後の時期ってのは、正月にあたるようです。 旧暦での旧正月とはちょっとだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南へ、ただひたすらに南へ その1 シンガポール=マレーシア国境を越える

2月は、カレンダー上は連休など存在しません。 しかし。 ワタクシには、オセロルールという強い見方がございます。 このルールに則ることにより、2/9、10が休日となり、2/7から11までの5連休が発生いたしました。 (別に、12,13日が休日となっても不思議ではないのですが、まぁ週の後半を休むより前半を休んだ方が、2日がんばればま…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

2009年のお泊り その2 2月のジョホールバル

2月のお出かけは、とある目的があったため、シンガポールではなく、国境を超えてマレーシアのジョホールバルに宿泊しました。 PUTERI PACIFIC、プテリ・パシフィックというホテルです。 ジョホールバルの高台、日本領事館の近くになります。 部屋は標準的な広さ。 シャワーブースとバスタブが別、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

突入!マレーシアジャングル!!の旅 その22 名残惜しいですが、空港へ

スリアKLCCから、クラウンプラザホテルまで再びタクシーで戻りました。 注意事項 ぼったくられます。ご注意を! まぁ、公共施設の前でたむろしているタクシーって、そういうタクシーが多かったりするのは確かですけど。 とにかく、ホテルで預けていた荷物を引き取り、空港へ向かいます。 ベルボーイの人に「空港までじ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

突入!マレーシアジャングル!!の旅 その21 お口直しに食事とのどかな光景を

世の中、いろんなことがあります。 だけど。 みんな、いろんな思いを押し殺して、毎日を何とか過ごしているのですね。 うん。 それが、オ・ト・ナ。 ぐっすん(T_T) 気を取り直してまいりましょう。 というわけで(?)、ペトロナスツインタワーの見学…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

突入!マレーシアジャングル!!の旅 その20 素朴な疑問が湧いてきますがスルーするのが大人でしょう

もう、旅のメインの目的であるジャングル体験が終わってしまったわけで、後は帰国するだけなのですが、一応時間も余っていることですし、少しは観光でもしますかってことで。 KL市内観光に出かけました。 つっても、夜には帰国便に乗るわけで、市内をぶらつく程度しかできません。 で、そんな時間で可能なKL市内観光となれば… KLタ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

突入!マレーシアジャングル!!の旅 その19 突入は終わりました。KLでシティライフを満喫しましょう

無事に、問題なくホテルに到着しました。 クラウンプラザ ムティアラ クアラルンプール。 …何のことはない、タマンヌガラへ行くためのバスが出発するホテルです。 でもって、クラウンプラザではありますが、タマンヌガラリゾートの系列の資本が入っております。(だからバスが出発するのだってことらしいですが) ホテルイスタナでも良かったの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

突入!マレーシアジャングル!!の旅 その18 クアラルンプールへ戻りましょ!

2泊3日ですから、ゆったり滞在した気がしないのですが、日程の都合上、明日の晩にはクアラルンプールを出発しなければならず、そのためには、2泊しかできなかったのです。 (ここを朝出発して、午後にクアラルンプール空港まで行けるかどうかわからなかったので、そういうスケジュールになりましたが…。実際は、そういうスケジュールも可能なようです。クア…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

突入!マレーシアジャングル!!の旅 その17 タマンヌガラリゾート、あれこれ

午後の洞窟探検を申し込んでいなくてよかった~と心から思いました。 1時過ぎに部屋に戻ってきたので、時間的には間に合ったんですけど…とても体がついていきません。 部屋に戻るなり、まさに爆睡しておりました。 目が覚めたのは、夕方の5時近く。 ふむ。 3時間ほど眠っていたことになります。 その間に、体力の有…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

突入!マレーシアジャングル!!の旅 その16 ようやくたどり着いたキャノピーウォーク

勝ち誇った顔の2号。 しかし、こやつは、肝心のことを忘れております。 確かに、ワタクシは、ヘトヘトに疲れきっており、2号は、足の負傷はあるものの(これは、意図的なものなのかどうか?)疲れている様子はありません。 そういう意味では、2号は勝ち誇っていいのでしょうが。 肝心のキャノピーウォークは、これからなのです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

突入!マレーシアジャングル!!の旅 その15 キャノピーウォークの恐さは、それ以前に存在する

こんな記事を現地からアップしましたが。 この段階では、まだ余力がありました。 しかし、それが…というのが今回のお話です。 でもって、しょぼい内容しかなかった今回の旅のピークでもあります(笑) この時申し込んだのは、「ジャングルトレッキング」というオプショナルツアーです。 しかし、ワタクシ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

突入!マレーシアジャングル!!の旅 その14 激闘!キャノピーウォーク!!・・・の前に。

で。 朝。 体は疲れきっていたのですが、めずらしく清々しく目を覚まします。 なにせ、こんな感じの朝なのですから。 いかにも、高原の森林地帯って感じの雰囲気です。 2号なんぞ、 「牧場の~、朝~」 などと、似てもいない「モノマネをする大泉洋のモノマネ」なんぞをかましてやがるくらい、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more