2014年の機内食 その8 ベトナム航空 5月ホーチミン発シンガポール行

このワタクシが同じ区間を飛ぶスターアライアンス系のフライトがあるのにもかかわらず、他のアライアンスのフライトに搭乗するなんて…別に気が狂ったわけではございません。
Expediaでベトナム国内線も含めて検索するとこうなった、ということです。



それに、安かったし。



えぇ。
ダナンーホーチミン-シンガポールとそこそこの距離、なのに、片道しか搭乗しないという悪条件なのに、16000円ほど。

サーチャージも込みですよ。

LCC扱いされても仕方ないかもしれません。
機体だって、A320/321シリーズだったりするし・・・



ですが、さすがにナショナルフラッグキャリア。
しっかりした運営で、ケチのつけようなどございません。

画像


ほら、搭乗券だって、ちゃんとしてるでしょ。




同じ会社なのに、スルーチェックインできなくて、ホーチミンで再びチェックインしなきゃいけないなんて、些細なこと!(←結構行列で待たされたので根に持っているらしい)


肝心の機内食。

画像


中身は何でしょうか。

画像

画像


牛肉をオイスターソースなんかで味付けした、こってりしたメニュー。
お味は、まぁ、普通。
よくもなく、悪くもなく。




ですが。

「Fish or Beef?」

CAさんからこう尋ねられるなんて…ちょっと感動しました。
完全に偏見ですけど、ユナイテッドとか今は亡きノースウェストなんかでアメリカに行こうとして、無愛想なおばさん系のCAさんに早口で言われて聞き取れなくておろおろする初海外の日本人ってな図式が浮かんでくるじゃないですか。



こちらベトナム航空のCAさんはアオザイを格好良く着こなしたスタイルのいいお姉さんでしたけど。


ベトナム航空さんには問題も恨みもないのですが。
ベトナム航空さんとは関係のないところで非常に不愉快な思いをしていたのを写真を見て思い出してしまい、わけもなく、好戦的な気分になっているだけです。


ワタクシの、隣2席、そして後ろの3席に、アジアの某国の方が乗っていたんですが。
あの…かの国のかたがたが大好きな食品の臭いを強く発しておられたんですよ。
えぇ。

折角の機内食なのに、食欲を失わせるような、強烈な臭いを。



だもんで、ちょっと、ねぇ…



別に、何かをしたわけではないですし、別にご本人方も何か悪意がある訳ではないのでしょうが、飛行機のような閉鎖空間では…ちょっと気を使っていただけないかなぁ…と思うわけですよ、一応。

ですが。
そういうことを伝えるようなコミュニケーション力もございませんので、ひたすら眠るしかなかったのです。


そういうことを、写真を見て、まざまざと思い出しました、ということです。


以上。
終わり!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック