台北の思い出(7) 鼎泰豊に行けなくて、しかも注文ミスまで・・・

鼎泰豊(ディエンタイフォン)といえば、世界に名だたる名店です。
確かに新宿でも味わえますし、ソウルだってシンガポールにだってあります。
でも、やっぱ、本店で食べてみたいじゃないですか。

行天宮を見学した後、向かってみました。
今では、MRTの東門駅から歩いてすぐ、となっています。
(以前訪れた時はMRTは工事中だった)

が。

画像


この混雑。
2時間以上待つ、といわれて断念しました。

で、仕方なく。
そこから歩いて1、2分のところにある、永康街高記というお店へ。
ぎりぎり昼食時間前だったので、並ばず入店できました。

画像


で、入ったのはいいですが。
失敗しました。

画像


小籠包を注文したつもりだったのですが、焼いたものが出てきました(T_T)
冷静に考えれば、まずいことなどないはずなのですが。

ワタクシの頭の中は、「コレジャナイ」感でいっぱい。

他に食べた

画像


春巻きの印象がございません。

デザートはこちら。

画像


以前、香港で食べた豆腐を冷やして冷たい蜜を掛けたものが印象にあったのか、似たようなメニューを注文してみたものと思われます。

豆が余分!というのが印象に残っております。





ということで、これで去年の宿題は終了。


と思ったのですが、台北でのホテルをアップしていなかったので、そちらを最後に。

松江南京という駅と行天宮駅の間にあるガーラホテル(慶泰飯店)。
なお、台北でタクシーに乗るときには、住所もそうですが、漢字表記のホテル名でないと通用しません。(当然、発音するのではなく、メモ書きを見せればOK)

画像


通常のシングルルームではなく、スーペリアルームだった模様。
でも・・・

画像


ベッドからバスルームが見える必要はないんじゃないでしょうか。




さて、今度こそ終了。

いよいよ、GWのベトナム編に取り掛かることにしましょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック