ハイ、見ましたぁ!「なんてったってアイドル!」

さぁ、見ますよ!「なんてったってアイドル!」」について
ドラディスク130分、バラディスク134分あわせて4時間24分。

しっかりと見ましたよ!

とはいうものの、ドラディスクの副音声はまだなんですけど・・・




放送されていたのは、もう一昨年になるんですねぇ・・・

ミスターの送別会で札幌に行った時に第二夜を見たのを思い出しました。




・・・う~ん・・・ホワイトストーンズの頃の(狙っていた感もある)チープ感は、すっかり無くなっています。
中心人物として、中央の役者さんを2人(大河内奈々子、佐藤めぐみ)も投入しているわ、土井善晴先生まで出てきます。

主題歌にもなっている曲(登場人物がアイドルとして歌う曲)の振り付けは、パパイヤ鈴木。

最終回では、札幌厚生年金会館を借りての生中継まで組み込んじゃう。


かなり予算をかけたんでしょうねぇ・・・
(本当のところは、2泊3日で出演シーンをすべて撮り終えるとか、結構厳しいのかもしれませんが)


それに、何よりも驚いたのは、「内輪ネタ」の排除。
マニアとしてはそれが楽しみだったりするのですが、今回はそういったところに頼るのではなく、普通のドラマを目指した?と主張しようと思えば思える程度に普通にドラマしています。


そういう意味では、これを入り口に、これまで興味を持っていなかった方々をOFFICE CUEの世界に引きずり込むことも十分に可能だと思います。






と言いつつも。
バラディスクは、従来の「内輪」を好む人にも十分満足していただける内容。

すごいですねぇ・・・
納得、お得感十分のDVDとなっています。
機会があれば、いろんな方にご覧になってほしいです。



・・・にしても。
どうでしょう班も、少しはこのハイペースDVD化を見習ってほしいと思うのは、私だけ?



では、一眠りさせていただきますか(笑)。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年01月26日 09:59
いやいや。
ドラバラ班のは、放送されたものを、そのまま「ドラ」と「バラ」に分別して、DVDにしただけですから。何のヒネリもありません。
(分別って、ゴミ収集かい!)
そこんとこ、老舗のどうでしょう班は、「OAと同じ物見たってつまらんだろう」と再編集に再編集を重ね、おまけにシークレットまで仕込んでますから。
(ドラバラ班も最初はそのつもりだったらしく、「WS1」にはシークレットを仕込んでましたが……)

自称「弱小・低予算の地方ローカル局」(実は、系列トップの勝ち組)の事、吉野家的〝うまい・早い・安い〟と、路地裏の隠れた名店と、どっちがいいです?
ボカぁ、頑固オヤジを装ってるくせに、実は腰が低い「う」と「ふ」の方がいいです。


「いつまで待たせるんだ、コノヤロォ!!」
「ウルセェ! 〝座して待て〟と言ってるだろ、コノヤロォ!!」
どこが腰が低いんだか(笑)
2007年01月26日 10:36
はて?。。。。。お?!はねつきじゃなくなったね(^_^.)
2007年01月27日 18:39
讃岐屋さま
おっしゃることは至極ごもっともでごじゃりますが・・・

もうちょっとペースを上げてくんないなかぁ・・・と心から思うのです。だって、新作のDVD化が優先されているので、去年6月のヨーロッパからすると1年半は確実に待たされてしまいますよね。
それはちょっといかがなものかってわけです。

まぁ、毒を食らわば皿までの心境で待つしかないことはわかっているのですが。。。


yy-holmesさま
あら、確かに。

この記事へのトラックバック