【ドラマ】2006年1月クールの残りのレビュー

ここまで書いてきたからには、残りのドラマも扱ってあげないと、ってわけで。
どどっと怒涛の勢いで片付けていきます。


  • 西遊記

  • フジ系月曜21時。

    見る気がしない。
    マチャアキの「西遊記」とどうしても比べてしまうが、悪ふざけが強すぎるだろうという想像が先にたつし、偉大なる「ふかっちゃん」の魅力を持ってしても、孫悟空役のマイナスイメージを挽回できない。(ハットリ君とかのひどさのイメージが私にはあるのです。ファンの方には申し訳ないですが)


  • N’sあおい

  • フジ系火曜21時。

    原作は週刊モーニング連載のマンガ。
    まぁ、原作のラインを壊さないようにはがんばっているのでは?
    可もなし、不可もなし。
    ただ、個人的な好みだけど、あの唇ってどうだろう?


  • アンフェア

  • フジ系火曜22時。

    前の時間帯の続きで惰性で見ていたら、意外に好印象。
    1話完結かと思っていたら、連続モノみたい。
    伏線を張りまくっている感が強すぎるが、ミエミエの伏線をどう落とし前つけようとするのかが逆に期待を持たせる。
    緊張感をぶち壊す大根役者(土曜の朝に天気予報のお姉さんをやっている、TBS女子アナの妹…と書いたら、本人の名誉のために名前を出していない意味がないような気がする)はあっさりと2話で殺されてしまってくれたので、その点もプラス評価。


  • 白夜行

  • TBS系木曜21時。

    原作は、今回直木賞を受賞した東野圭吾。
    好きな作家の好きな作品だが、セカチューのマイナスイメージが強すぎ、そのためチャンネル権を強く主張しなかったので、結局見逃すことに。
    かなり評判はよいらしいが、今さら見ないだろう。


  • 松本清張 けものみち

  • テレ朝系木曜21時。

    柳の下にドジョウは何匹もいるはずだが、あんまり評判は高くなさそう?
    「白夜行」と同じく、チャンネル権の問題があり、見るはずもない。


  • ガチバカ!

  • TBS系木曜22時。

    サラリーマン金太郎を学園者でやろうという発想そのものが安易。
    「小早川伸木の恋」「チュオクの剣」とライバルが2つもある以上、見るはずもない。


  • 夜王

  • TBS系金曜22時。

    原作は週刊ヤングジャンプ(?)連載のマンガ、
    水商売モノって最近調子がいいし、ホストものってことでイケメン揃えていりゃぁ、そこそこはいけるんじゃないの?的な企画の安易さがプンプン。(というか、TBSはそういう指向が強い)
    んでも、見ていて不快感はないし、(我が家では)ライバルがいない時間帯なので、裏に強いのがなければ、惰性でチャンネルを合わせられる可能性大。


  • 時効警察

  • テレ朝系金曜23時15分。(地域によって時間帯は違う)

    掘り出し物の期待感、大。
    時効になった事件を「趣味」で捜査する、という設定がいい。
    予算をかけずに、実力派のいい役者を揃えて、小ネタで笑わせつつ、さりげなく事件のヒントを見つけさせ、解決に持ち込む、という展開が、「わかる人にはわかってもらえるはず」という自信を感じさせる。
    「トリック」みたいに、マニアックにヒットするのでは?


  • 氷壁

  • NHK土曜夜。(時間は、よくわからない)

    原作は井上靖。
    朝ドラみたいに中途半端にふざけることはないし、本格的なドラマが好み、という方にはお勧め(だと思われる)。
    見ていて、いかにもNHKらしいなぁと感じさせてくれる。


    その他のNHKの時代劇は、私の好みから言って「問題外」なのでコメントしません。



    ってなことですねぇ。
    主観モロ出しですが、ご容赦ください。
    そういうものです(爆)





    ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!

    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

    →ログインへ

    なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    驚いた
    面白い
    ナイス
    ガッツ(がんばれ!)
    かわいい

    気持玉数 : 0

    この記事へのコメント

    この記事へのトラックバック