【ドラマ】TBSさんの意地のこもった(と思われる)ロンドでしょうが、どこまで視聴者を引っ張れますか?

先週の日曜日から、TBS系日曜21時の日曜劇場の枠で始まった、「ロンド」。
話題作です。
竹之内豊が出るってのと、何よりチェ・ジウが日本の連続ドラマに主演するってんですから。
先週の第1回の放送は、2時間という拡大版。
さらに、連続ドラマの第1回は、ちゃんと1週間以内に再放送するってのが最近のTBSのお約束なのですが、それを土曜日のお昼に持ってくるという気合の入れ方。(普通は、月曜とか火曜日の深夜枠です)

「ドラマのTBS」を自称しつつも、最近はせいぜい「健闘した」というレベルの数字しか取れないTBSですから(「渡鬼」くらいでしょう、オリジナルでちゃんと数字を取れているのは)、この扱いを見る限り、「これでダメだったらどうしようもない」というくらい気合が入っていると思われます。


で、肝心のドラマの中身ですが。

金はかけてます。
チェ・ジウだけじゃなく、シン・ヒョンジュン、イ・ジョンヒョンと韓国通には知られているであろうメンバーを投入。
日本側も、石橋凌、杉浦直樹、橋爪功をはじめとする演技のしっかりした役者を揃えた上で、速見もこみち、ウェンツ瑛士とイケメン系を配して、配慮は万全。
ストーリー上も、オープニングでの大爆発シーン、さらには市街地ロケ。
力を入れまくった割にはこけてしまったので本来はイヤな記憶のはずの、同じ枠の「逃亡者」を髣髴とさせる実験的なカメラワーク。


でもねぇ。
子どもの頃の因縁をずっと引きずって現代の話が始まっているとか、あちこちで人間関係が錯綜しているっぽいとか、韓国ドラマの王道を意識しているっぽいですけど、日本の視聴者がどこまでついてきてくれるでしょうか。

それが一番の心配。

んでもって「日本の」裏社会の話って、メジャー受けしないってのが第二の心配。
もっとノワールっぽくして、その線でとんがるかしかないんだけど(あ、そしたら東映やくざ系の伝統を引き継いだ、一時期のオリジナルビデオになっちゃうか。安定したファンはいるんですけどね)、その場合、もっとストーリーをシンプルにしなきゃいけないですよね。
確かに韓国ドラマは、この「ロンド」の路線でヒット作が出ていますけど。

救いのネタは、シン・ヒョンジュンが思ったよりぐっと締まった存在感を出してくれていること。
それで、なんとかなるかも?

いろいろと仕掛けはしているらしいのですが(なんで、竹之内豊が「オッパ」と呼ばれるの?とか)、匂わせるのは勝手ですが、自己満足じゃなぁないの?という匂いがプンプン。
要するに、文句を言いつつも、当面は続けるとは思いますが、果たして最後まで保つかどうかは、大いに疑問ってとこですかね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック