今さらながら、今クールのドラマレビュー

今さらながらですが、個人的な好み(というか嫌いも含めて)モロ出しの、今クールのドラマについて思うことを。

今クールのドラマの特徴としては、キャスティング重視のドラマが多いことだと思います。
典型的な例は「野ブタ。をプロデュース」、「花より男子」「ブラザービート」あたり。
「危険なアネキ」「1リットルの涙」もその雰囲気あり。

でもって、自前で企画を立てれないクソドラマ系として「花より男子」「1リットルの涙」「野ブタ。をプロデュース 」「鬼嫁日記」・・・あ、かなりのところ、ダブっちゃった。

そんな中、「熟年離婚」「大奥・華の乱」が視聴率的に健闘しているのは救いといえば救いですね。
個人的には見たいと思えるドラマではないので、見ませんが。


視聴率的に振るいませんが、個人的に注目しているのは、水曜10時の「あいのうた」。
ドラマ、ドラマしていない、さりげない日常をさらっと描いているのがいいです。
どうやら、私の嫌いな「難病」モノでもありそうですが、しっかりとそのことを匂わせつつも、決して「お涙ちょうだい」路線には持っていかない。だけど、エピソードの1つ1つが、泣かせるのです。
なんで、こういうドラマの人気が出ないんでしょうか?
そういえば、この枠は、以前も「一番大切な人は誰ですか?」というのがあって、これも同じようにさりげない日常というトーンで好きだったんですけどね・・・

あと、意外に、朝ドラ「風のハルカ」もBSでの集中再放送でですけど、見ています。
NHK大阪の悪いクセである、ドラマに芸人を使いたがるというのがマイナス材料ですが、もう一つの絶対許せない悪いクセである、わざとらしい大げさな演出は控えめ。
どこまで続くかな?という感じ。

それから、許せないと思いつつ、ただ1点評価していることがあって、たいてい見ているのが「花より男子」
F4がダサすぎ。
特に、松潤の道明寺が、あまりにもイメージが違いすぎ。
道明寺って、もっとワイルドで、お間抜けで、背が高くて・・・
小栗さんちの旬くんの類は、まぁ、イメージに合わなくはないですが、…アンタいくつよ?

母親は老けすぎ、静は才色兼備ってイメージと離れすぎ、椿姉さんのワイルドさはムリがありすぎ・・・って文句を言い出すときりがないくらいなのですが。

唯一、主人公である「つくし」が、はまり役なんですねぇ。

井上真央、いわずとしれた、キッズウォーの、あの子です。

「ざけんなよ!」と言い出さないか心配だったのですが(笑)、原作のイメージ通りと言っていいんじゃないでしょうか?
それから、同じくTBSファミリーの加藤貴子。
原作にないキャラですが、なかなか、いい味を出してます。
この2つだけで、見ているんですね。
といっても、時間があれば、という条件がつきますけど。


それ以外に、「危険なアネキ」を時たま見ています。



まぁ、ドラマの低迷傾向は、一瞬止まるかなと思いましたけど、まだまだ続きそうですね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年11月05日 00:09
つくしちゃんいいですねぇ~♪花男は中学生の頃夢中になったマンガだけあって見ずにはいられない!(でも台湾verは見ない)小栗旬はいつまで青春系ドラマ&映画に出続けるんでしょうか?確か彼は私と同じ年のはず…厳しいなぁ~。銀エンの由希ちゃんもご出演。
あと1リットル!!いつになったらシゲちゃんは出るのでしょうか?今のところ初回だけなんですけどもぉ…。
「野ブタ。」は原作だけでいいです。正直言ってあのお二人に興味はないので(笑)。あ、今の発言は敵を増やしましたな(´φωφ`)
2005年11月05日 00:54
sora@oさま
私も敵を増やしたような気がします。
まぁ、所詮、僻地なので、スルーでしょうけど(笑)

でも、台湾版F4っていいですよ。

この記事へのトラックバック