りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013年のお出かけ その11 バタム島まで足を伸ばします

<<   作成日時 : 2013/12/18 21:18   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

シンガポールからバタム島までは船で1時間ほど。
ちょっと、そこまで出かけてきました、という感じです。

とはいうものの。
さすがに入出国が関係しますので、そのあたりが面倒といえば面倒ですが。


船が発着するのはいわゆるHarbourfront。
セントーサ島への出入り口と同じ場所です。

MRTを降りたら、案内にしたがって進み…まずはチケットを入手する必要があります。

とりあえず、バタム島だからバタムセンターというところを目指せばいいでしょう。
おそらく。

ということで、
一番時間がよさそうな会社を選んで、めど口でチケットを購入。

画像


ONE WAYとありますが、実際には下にもう1枚チケットがあって往復チケットになっています。

この際、当然のごとく、パスポートの提示を求められます。
これは、単にチェックするだけでなく、同時にインドネシアへの入国書類も作ってくれるからです。

あとは入国目的とかを書き込むだけになっています。
これは便利。

画像


なのに。
窓口のお姉さん、タイプミス(T_T)

パスポート番号が違っていたのです・・・
自分でしっかり確認しろってことですか。
はい。



多分、今後もしないでしょうけど(笑)。


後は、待合室で出発を待つだけ。

画像


一応、免税店もあります。

画像


ですが、シンガポールに戻ってきた時に免税ラインを超えているということで引っかかるので、購入はやめておきましょう。(シンガポール入国の際には、タバコの免税ラインは0本。つまりタバコを持っていると税金がかかるのです。まぁ、実際は1箱(1カートンではない)、つまり普通にタバコを持っているくらいでは引っかかりませんが。

時間が来れば、飛行機と同じようにチケットのチェックがあって、搭乗船へ。

画像


ゲートではなく、バースなんですね。
当然といえば当然ですが。

画像


これが、搭乗する船。

あれ、SINDO31とあります。

入国書類に書いてあったのは便名ではなく、船の名前だったんですね。
ふむ。

いや、船の名前=便名なのかもしれません。


とにかく。

画像


乗り込みます。

画像


見えているのはセントーサ島行きのロープウェイ。
上から見下ろす景色は・・・いいでしょうねぇ。


どこかの誰かは、間違っても乗らないでしょうけど。

画像


船内はこんな感じ、
特筆するようなことは何もございません。

一応スクリーンではなにやら映画らしきものを映していたようですが、当然のごとく無視して、寝ます(笑)。

画像


だって、こんな感じで、楽しむような景色などございませんから。





というわけで、あっという間に到着。

なぜか、ターミナルの写真は押さえておりません(笑)
・・・帰りでも。


まずは、インドネシアの通貨をゲットして、腹ごしらえ。
でもって、どうしようかなと思っていると、突然スコールが降ってきました。

仕方ありません。
タクシーでホテルまで行くことにしましょう。

ターミナルの建物の出口付近にか係員さんがいて、聞いてみますと、よくあるタイプで、あらかじめ地域で料金が決まっているようです。
下車の際に支払えばいい、とのことなので、あとはタクシー任せ。


途中、どんどん車の数が減っていき、すごい山道になっていこうとも、いずれホテルに着くんでしょ、とばかりに大船に乗った気分で待つしかございません。
いつしか雨が上がり、晴れてき他というのにまだ到着せず、30分が過ぎ、少しずつ不安になってこようとも。





40分後、無事ホテルに到着しました。
道路の入り口にはセキュリティがあり、そこそこちゃんとしたホテルのようです。

画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013年のお出かけ その11 バタム島まで足を伸ばします りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる