りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013年のお出かけ その9 期待を裏切る「シンガポール最南端」

<<   作成日時 : 2013/12/15 23:08   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ワタクシ、何の意味もなく、「端っこ」が大好きです。
これまで、アフリカ大陸最南端とか、いろんな「端っこ」に行ってきました。(なぜか、国内はあまり制覇していないのですが)

ここ、シンガポールのセントーサ島は、一応シンガポール本土(?)からは南側にありまして、セントーサ島のガイドには「最南端」という説明があります。

とすれば、行ってみるしかないでしょう。

戦場(とかいてカジノと読む)の後、ここに向かいました。

画像


アクセスは簡単。
1.モノレールで終点まで向かう。
2.バス乗り場があるので、その方向へバス乗り場を越えて歩いていく。
(バスに乗ってもかまわない(無料)が、どちら方面に向かうバスなのかを要確認)

それだけです。

で、歩いていくのはいいですが。
日差しが強いです。

画像


5月とは思えない、というか、赤道に近いところの日差しを日本の感覚で捕らえるjことが間違っているような気がしますが。


さて、その最南端のポイントは別の島になっているみたいで、橋を渡っていくことになります。

画像


海面すれすれなので、それほど怖くもないと思うのですが。

画像


揺れます。
固定していませんので。

どっかのニワトリなお方は「揺らすなよぉ〜」と上島さんちの竜平さんみたいな発言をされますので、だったらお約束・・・といきたいところですが、他の方々もいらっしゃいますので、ここは思いとどまります。
それでも、デブが歩くことで揺れてしまうのは避けられないことですので、そこはご容赦を。

渡ったところに、これがございます。

画像





はい、ダウト。

確かに、セントーサ島から見ると南側に位置してはいますが。

セントーサ島そのものが、もっと南側まで続いています。
つまり、セントーサ島の最南端のさらに南側にこの島があるのではないのです。
単に、セントーサ島の中心部から見ると南側に位置しているというだけ。



しかも、もっと許せないことがあります。
まぁ、仕方のないことなのかもしれませんが。

ここには見学塔というか、見晴台みたいな建物があります。

画像


そこ煮の上って、眺望を楽しめる・・・ハズなのですが。
というか、楽しめるのです。
ですが、その眺望というのが。

画像


確かに、シンガポールの南側というのは世界でも有数の通商路となっているわけで、しかもそれほど広い海峡ではないので、海岸に近いところを多くの船が通るのは当然なのですが。



端っこ感がかけらもございません(T_T)

端っこというのは、他のものが全部後ろ側にあるから端っこなわけで、前には海面だけ、何もあってほしくないのです。



そういう意味で。
位置的にも感覚的にも「期待を裏切る」端っこでした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013年のお出かけ その9 期待を裏切る「シンガポール最南端」 りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる