りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013年のお出かけ その4 いい宿泊まりやがった!!

<<   作成日時 : 2013/07/31 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年のGWの前半戦は、2号と一緒のお出かけでした。
いつもなら、2号はすべての手配をワタクシに押し付け、あとからあーだこーだと文句をつけやがるのですが、一番文句をつけるのが宿。

「いい宿、泊まらせろ」と。

まぁ、藩士の方々にとっては「おなじみ」の台詞でございますが、これを2号ごときに言われるのは、どうも納得できません。


「だったら、てめぇで探してみやがれ」ってなもんです。

もともとシンガポールは、高級な宿(1泊2万円以上)はそこそこあるのですが、その下のランクのホテルはあまりございません。さらにランクを下げて、1泊8000円以下のビジネスホテルのクラスはないことはないですが、立地的にちょっと避けたいような場所だったりします。

そんな感じで、いつもシンガポールの宿探しは難しく、思い切ってマレーシアのジョホールバルまで移動し、そこで1泊8000円程度で朝食付き、設備も充実というようなホテルを選択することが多いのですが。

そういう苦労を2号にも味あわせてやろうという腹積もりです。





しばらくして2号から「予約した」と。
予算を3泊で4万円、と伝えていたので、「ちょっとだけオーバーしたし、朝食もついていないけど、結構よさそうなホテル」とのことでした。

残念なのは立地で、MRTの駅からはかなり歩く、ということですが、シンガポールのタクシーは結構お手軽に利用できるので、それほど問題とはならないでしょう。

じゃあ、いいよ。




という話をしたのですが。

こちらのホテルです。

画像


なかなかの面構え。
うん。

ロビーは天井も高く、なかなかの高級感。




ところが。
チェックインしたのは現地時間で20時前後だったのですが、喫煙ルームは満室とのこと。

よくあることです。

隣で某航空会社のCAさんたちの集団がチェックアウトをしているのを見て「あぁ、今からフライトなんだ」と思いつつ交渉。
翌日には喫煙ルームに変えてもらうことを確約してもらい、この日は我慢することにしました。

画像


もう一つ、我慢することがありました。

「ウィー アー ツー メン」

ベッドが近すぎるってば。
まぁ、これは、一応、ツインベッドという扱いだと思われます。
我慢しましょう。

画像


でも、まぁ、コンセントは日本式にも対応していましたし、ベッド以外のスペースもそこそこありましたので、狭苦しさは感じません。

まぁ、いい宿の部類に入るのではないでしょうか。

で、翌日、変更してもらったお部屋。

画像

画像

画像


うん。

こちらは浴槽がなくてシャワーブースだけだったりしましたが、(どうやら前日の部屋は1つ上のグレードっぽい)、これはこれで、十分です。



しかもこのホテル。
1時間に1本程度ですが、オーチャードなどの繁華街への巡回バスがあります。
往路はこれを使い、戻る時はタクシーを使うとすれば、立地条件の悪さはカバーできます。

最寄のコンビニ…は歩いて10分ほどありますが、まぁ、まぁ、まぁ。

値段の割にはいい宿だと思いました。










請求書を見るまでは。

ワタクシのカードで決済をしていたのですが、請求されていたのは55000円ほど。
Expediaでは、空室検索の際に表示される金額は税、サービス料等が含まれない価格なので、その時の料金より高くなるのはわかるのですが・・・。


2号の奴、黙っていたな。



これくらいの料金なら、まぁ料金相当のホテルですよね。
ワタクシの中では好印象だったのに…


まぁ、ホテルそのものに対しては満足だったので、良しとしましょう。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013年のお出かけ その4 いい宿泊まりやがった!! りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる