りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013年の機内食 番外編その2 ANA5月羽田発のプレミアムクラス夕食

<<   作成日時 : 2013/06/15 01:09   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ワタクシが退院直後にもかかわらず、というか、そのために無理矢理に近い形で退院してきて、それでお出かけして購入してきたのは、4月以降は使えなくなってしまった、金浦−羽田+国内線4区間というチケット。(最近、条件付で復活したようです)


んで、4月に、リハビリを兼ねて国内線4区間のうち、羽田−沖縄、沖縄−千歳という2区間はすでに使用しました。このチケットは有効期限3ヶ月のものなので、早めに残りの国内線区間を使わなければなりません。ところが5月はGWのお出かけから戻ってきたら、そのまま入院。
退院後は5月末にお仕事で札幌に行く用事があり、戻ってきたら今度は、GWに購入したチケットでラスベガスへ静養に行く(!)という予定が詰まっております。

というわけで(?)。
これまた退院直後にもかかわらず、残る国内線区間を使用するためにお出かけしてきました。
ただしネックは、スタートが千歳だということ。
これは、羽田→沖縄→千歳→沖縄→羽田という4区間では芸がないと思ったので、羽田→沖縄→千歳→沖縄→羽田という4区間にしたからです。
そこで、千歳→羽田、羽田→千歳は別にチケットを購入する必要があり、それで、せっかくだからプレミアムクラスと奮発したわけです。

・・・ただし、株主優待券(それも金券ショップで購入)を利用という反則すれすれの技を使ってますが。

というわけで、国内線プレミアムクラスのお食事です。

画像


こちらは鮨よしたけ、というお店のものです。

築地のほかq、厳選した産地からの旬のネタを直接仕入れ、仕込みには営業以上の長い時間をかける。それが「鮨よしたけ」のこだわり。鹿児島の恩泉水を使って炊き上げるシャリは赤酢をベースにしており程よい酸味が人気を呼んでいます。味と技が話題を呼び、美食家たちを騒がせている銀座の名店です。
ミシュランガイド東京・横浜・湘南2012で初登場にして3つ星を獲得。


というお店なんだとか。

素朴な疑問。
このお店は2010年に銀座に移ってきたらしいのですが、なぜ2012年にミシュランガイド初登場なんでしょうか?

単に、ミシュランガイドに見る目がなかっただけ?
で、見逃していたのを見つけ出したのはスタッフが交代したってこと?

よくわかりませんが、深く突っ込むところではないと思われるので、スルーしておきましょう。


それはさておき、肝心の中身。

画像


壱の重。
穴子ちらし、でございます。
なんといいますか、上品な味付けの穴子に、シャリがマッチしており、大変おいしゅうございました。

画像


弐の重。
赤魚ゆず焼き
タコの柔らか煮
カステラ玉子
アスパラの天婦羅
菜の花辛子和え

ワタクシの好物がずらっとラインアップされております。
天婦羅だけはさすがに揚げたてという訳にはいかないので、ちょっとしなっとしておりましたが、それはやむをえないこと。(というか、だったら天婦羅という選択をするなって突っ込みはしてはいけないのです。たぶん。)

大変、おいしゅうございました。


さらに、どうでもいいこと。

出発前、羽田空港でB777を使用したポケモンジェットを見かけたのですが。
(ポケモンジェットってB747のイメージが強い)

画像


あ、これは翌日、那覇空港で見かけたものですけど。

画像



…正面から見ると、意外に間抜けっぽく見えません?





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013年の機内食 番外編その2 ANA5月羽田発のプレミアムクラス夕食 りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる