りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 何もないけど、だからこそそこを目指すのだ その2 東へ、ひたすら東へ 納沙布岬

<<   作成日時 : 2012/08/01 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


空港から根室市内へのチケットは、空港の出口付近で待機している係員さんに言われるがまま、自動券売機で購入いたしました。

で、根室駅前バスターミナルに到着したところ。
すぐ前方に納沙布岬行のバスが停車していました。

バスの運転手さんに促され、一旦バスターミナルの中に入り、窓口で乗車券を購入。
(往復チケットは車内では購入できないそうです)

で、ニコチンの補給もできずに、そのままバスに乗り込みました。




同じバス会社なので、出発時間は過ぎていたけれど(そもそも空港からのバスの出発が、飛行機がやや到着が遅れたために、遅れていた)、ひょっとしたら観光客が乗り継ぐことを期待しているかもしれない、ということで待機していてくれたようです。


バスの時間なんてまったく調べていなかったので、助かりました。




で、このバス。
根室半島がだいたい東の方角へ突き出た半島で、その半島の先端にある納沙布岬へは、半島の北側、南側それぞれを走る道路があるのですが、なぜか南側をまわって行くルートを取ります。


で。
時間調整のためか、そもそもバスが定時運行のためなのか、あるいはあまりスピードを出せないためか、後方からクルマがやってくるたびに、バス停付近で一旦停車し、そのクルマをやり過ごしていきます。

岬までは約45分。
そこそこの距離のドライブとなります。


途中、気付いたこと。
このエリアの小学校。
軒並み、統廃合の対象となっているようです。

バス停に共和小前とか華岬小前とか珸瑤瑁小とかあるのですが、これらの小学校すべてに「さよなら」とか「歴史にありがとう」とかそういう横断幕が掲げられていました。
ちょっと調べてみると、この地域にある4つの小学校と中学校を1つに統合するのだとか。

正確な年数は覚えていませんが、100年以上の歴史があるようです。
つまり、明治とか大正とかそういう時代、この地域は人がたくさんいて、栄えていたってことなんですよね。



そっか…



なんか、感慨深くなります。




で、ようやく。
空港から4時間近くかけて、納沙布岬までたどり着きました。
ちなみに、最後まで乗車していたのは…ワタクシを含めて2名でした。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何もないけど、だからこそそこを目指すのだ その2 東へ、ひたすら東へ 納沙布岬 りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる