りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 絵になる国チェコ その10 プラハ城見学…その前に

<<   作成日時 : 2012/06/22 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

プラハ城。
ヴルタヴァ川の西岸、小高い丘フラッチャニにそびえるプラハ城は、名実ともにプラハのシンボルだ。ボヘミア王国の全盛期であった14世紀から、威風堂々とした姿で街を見下ろしてきた。

…のだとか。

旧王宮のほかにも大聖堂や歴史的な建物を利用した博物館や美術館などが多数。じっくり見て廻れば丸1日コース、なんだそうですが、実際に見てまわるとかなりの時間がかかりました。
まぁ、廻り方が悪かったのと、プラハ城以外の部分に時間をかけたからかもしれませんが。

まぁ、ぼちぼちまいりましょう。



乗車したとラムが到着したのは、プラハ城の北側のエリアでした。
これがそもそもの失敗。
というのは、北側からアプローチすると、プラハ城の裏側になるのです。
そんなこととは露知らず。

まずは、プラハ城の外側にあるものに目を奪われてしまいます。

画像


王の庭、というものがあるようです。
でもって、そこにはいろんな木が植えられている、とまぁそういうことのようです。

じゃぁ、行きましょう。

画像


…のはずが。
何だ、これ?

って、見たまま、鷹さんですが。

画像
画像
画像


って、えらく落ち着いていらっしゃる。

画像


それもそのはず、いわゆる鷹匠らしき人に馴らされているから。



寄り道をしていてはいけないですね。
早く、王の庭を見学していきましょう。

画像

画像


庭の楽しみ方はこんな感じなのでしょうが。

画像
画像


こんなのとか、

画像

画像


説明は読めないですけどこんなのとか、

画像
画像


こんなものに目が行ってしまいます。

画像

画像

画像


この王国、結構力を持っていたんだなぁと納得できる、こういうものを重点的に見るべきなのですが。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
絵になる国チェコ その10 プラハ城見学…その前に りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる