りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 宙の巡礼記 その14 NASAヒューストン宇宙センター見学(5)こんなしょぼいコクピットはいやだ

<<   作成日時 : 2011/12/16 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

トラムツアーは以上で終了。
ここからは、いろんな(しょぼすぎて哀しくなる)アトラクションをご紹介していきます。

まず、最初は、スペースシャトル(かどうかは不明ですが、とにかく宇宙船)のコクピットです。

画像


案内に従って階段を上がっていきますと。

画像


左側にこんなものがありました。

画像


あ、こんなのも。



この段階で、「え?」という違和感がよぎります。
とにかく、正面がコクピットっぽいので、そちらを見てみましょう。

画像


窓が飛行機の操縦席っぽく見えているってことは、多分スペースシャトルなんでしょうか。
とにかく、コクピットが覗き込めるので、見てみましょう。

画像
画像
画像



これがスペースシャトルのコクピットなのかどうかなんて、どうでもいいです。
宇宙船のコクピットなのは間違いないみたいですから。


こんなスイッチだらけのコクピットなんて許せません!
パイロットの負担を考えてないのでしょうか?
そもそもどこにどんなスイッチがあってどんな機能がある、なんてことを理解するのだけでも大変でしょうし、Gのかかる状況で適切なスイッチににちゃんとアクセスできるのでしょうか?



…できるんでしょうねぇ。
宇宙飛行士なら。






彼らが正に選ばれた存在なんだということがよくわかりました。





ちなみに。
こういうのもありました。

画像


シャトルの着陸シュミレーターです。

画像


操作方法のガイダンスがまったく理解できなかったので、私のシャトルは見事地面に突っ込んでしまいました。
爆発炎上はしませんでしたけど…ってそういう設定にしてないだけみたいですけど(爆)。


というか、せめてこれぐらいのコクピットであってほしいものです。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
宇宙船のコクピットって、結構アナログらしいですよ。アポロ計画の頃は航路計算を電卓で賄ってたとか、ロシアのソユーズでは真空管が使われてたとか、今の感覚で行ったら「おひおひ……」となるような話がゴロゴロしてるんだとか。
ま、これらの計器やスイッチ類が学研の「電子ブロック」≠ナ出来てるとは言いませんけどね(笑)
讃岐屋
2011/12/17 15:51
讃岐屋さま
コメントをいただいてから放置状態でゴメンナサイ。


…安定しない新技術より安定したかれた技術を採用するってことなんでしょうけど、一般人からすれば「夢がない」って思えてしまいますよねぇ
りーまんとらべらー
2012/04/03 21:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
宙の巡礼記 その14 NASAヒューストン宇宙センター見学(5)こんなしょぼいコクピットはいやだ りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる