りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011年の機内食 その6 ANA5月のワシントン発成田行NH001便の機内食

<<   作成日時 : 2011/05/11 22:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

復路です。

画像


まずは、ここから。
…なのですが、いきなり、ショックが。

画像


左側、ローストビーフっぽいものが見えますが、この中身。
一口でぱくっといったら、中身が…多分、フォアグラです。
あわてて、コーラで流し込みました。

だいたいサーブされるときにメニュー名を言ってくださるのですが、ヘッドフォンをしていて聞き逃していました。



で、前菜。
画像


ロブスターのテリーヌ。

プリプリ感はいいです。
マンゴーソース(多分)が濃い感じでしたけど。

画像


パンではなく、ご飯をいただきました。
メインは、牛サーロインのステーキ カフェ・ド・パリバター。
ハーブとカレーの香りがする、とあったのでこちらにしましたが、ソースが2種類用意されています。
(もう1つは和風ソース)

カレーの香りってそんなにしませんでしたけど。

画像


デザートは、モカパフェ。
バナナと洋ナシのケーキにコーヒーアイスクリームをあわせた、とありますが。
そっか、バナナだったんだ…ワタクシ的には栗とかサツマイモ系と思ってたんですが、そう言われればそうなのかも。

おまけに、コーヒーと一緒にこいつもいただきました。

画像


抹茶チョコです。



それから、食事を紹介する冊子で取り上げられていたものをあわせてご紹介しておきましょう。

画像


「春の新芽」というタイトルがつけられたトレイマットで、手触りは普通の紙とちょっと違います。

日本は春夏秋冬の季節の変化が明確な国。その季節ごとに咲く花々を部屋に生け、箸置きなどに用いて季節を感じていただく。これは、日本人がお客様をおもてなしする際の伝統的な心遣いの一つです。空の上という限られた条件の中、ANAが日本の式をお客様に伝えるためにご用意したのが、季節の植物を描いたトレイマットです。

とのこと。
夏は朝顔、秋はすすき、冬は松をイメージしたモノが用意されるそうです。

こまやかな心遣いですねぇ。



さて、ここからはお好みのタイミングでのお好みの食事。

画像


クラムチャウダーとクラブハウスサンドイッチ。
クラムチャウダーはこれでもかって感じの具材が入っていました。
それにかなりニンニクを使っています。
ですから、かなりヘビーです。

その分、クラブハウスサンドイッチが量が少なくて物足りないですが。



でも、締切直前。
もうちょっと、何かほしくて、和のセットをオーダーしました。

画像


もずく酢
銀鱈西京焼
ご飯、味噌汁、香の物

これに、ご飯のお供「かつおさらら」というふりかけがついています(もずく酢の右に見えています)
ふりかけといっても乾燥したものではなく、佃煮に近いイメージのものでしたけど。
これがウマい。
お持ち帰りしたいくらいでした。




またもや食べていますねぇ…





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2011年の機内食 その6 ANA5月のワシントン発成田行NH001便の機内食 りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる