りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 2泊5日の暴挙の記録 その2 シルクエアー初体験とクアラルンプール空港での迷い方

<<   作成日時 : 2011/03/27 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

これから搭乗するのは、MI334便。
一応、SQとのコードシェア便でSQの便名がついていたはずなのですが、搭乗券にはしっかりとMI便名しか表記されておりません。
なぜか、NH*Gという表記もありますが、意味ないですよね…


とぼとぼと乗り込みます。

機体はA320。
それも初期型のようです。

画像


シルクエアーは近距離便が中心ですから、パーソナルモニターなんて洒落たものはございません。

画像


ANAの国内線みたいな感覚でいればいいのではないでしょうか。
機内食は出ずに、これだけですから。


画像
画像


3−3列なので座席の横幅は他の会社と同じように狭いですが、前後の間隔はほんの少しだけゆったりした感じ。
何せ、前の座席にひざがつっかえたりしませんから。


飛行時間は1時間弱ですから、あっという間にクアラルンプール国際空港に到着します。

この空港、ターミナル間は本来シャトルで移動するはずなのですが、今回はバスで移動しました。
何かトラブルがあったのか、単に整備中なのか、理由はわかりません。


入国審査では「なんでシンガポールから来たのか?」という突込みがありましたが、only transit.と答えました。果たして、通じていたのか?(というか、この表現でいいのか?)

まぁ、それ以上は何も言わずにハンコを押してくれましたら、問題なかったのでしょう。
税関審査もスルー。

無事、入国することができました。


とりあえず、建物の外に出てニコチン補給…と思ったら、禁煙。
しかし、端っこの方で空港係員らしき人が無視してタバコを吸っていたので、その近くに寄って行きましてニコチン補給。
こういうトコロに小心者らしさが表われますね。




さて、落ち着いたところで移動開始。
このクアラルンプール国際空港からクアラルンプール市内への移動は、鉄道が一番楽です。
何せ、到着フロアである3Fからエレベーターで地下へ降りて、そこから鉄道に乗れば35分でKLセントラルという中心の駅に到着できますから。

しかし、まだ10時少し前。
そんな早く市内に到着したって、ホテルにチェックインできる保証はありません。
そこで、あえて時間がかかるバスを利用することにしました。

バスだと1時間程度らしいです。




しかし。
空港案内図にあるバスチケット売り場、というのが見つかりません。
そこにあるのは、ホテルの案内所。
だったら、そこで聞いてみればいいのですが、時間も腐るほどあることですし、自力で探してみることにしました。

まず、バスという表記が見えたので、そちらに行ってみると、どうやらツアーとかでバスを利用する人向けのよう。
違います。

到着フロアをうろうろしてもわからなかったので、これまたバスということで共通点があるかもと思って、LCCT行きバスという案内に従って行ってみることにしました。


これがビンゴ。


2Fにエスカレーターで降りて、ターミナルとは道路を挟んで向かい側の建物へ通路を歩いていきます。
その1階がバスターミナルになっていました。
1時間に1本ということだったので、毎時30分の出発ということになっているのではないでしょうか。
KLセントラル行きのバスチケット売り場がありました。

画像


10リンギット。(300円弱)
鉄道ですと30リンギット。
たいした節約にはなりませんが…

ちなみに、ここは完全に禁煙です。
他のバスで到着した乗客がタバコを吸っていて、係員さんに注意されていましたから。
(それでも、いくつか吸殻が落ちていましたけどね)

で、時間になって、バスに乗り込みます。
アナウンスなど何もないので、注意が必要。

ここから1時間。
予定通り、KLセントラルに到着しました。

ここから長いエスカレーターに乗って、KLセントラルの駅の方へ上がっていきます。

画像


その到着した場所からクアラルンプール国際空港(KLIAと表記されます)行きのバスが出発しますし、エアーアジアなどLCCを利用する際のLCCT行きのバスも出発します。
こちらはバス会社で料金が違うようですが(8もしくは9リンギット)、なぜなのかはわかりません。



さて、駅の方へ上がっていきますと。
セントラルという割には、ゴチャゴチャした印象。
コンコースを利用した怪しい露店みたいなものまであります。

一旦建物の外に出ますと、出入り口のすぐそばに灰皿がありました。


いいのか?と思いますが、灰皿がある以上、問題ないはず。
ニコチンを補給しました。


で、落ち着いたところでホテルへ向かいます。
セントラルというだけあって、いろんな路線が集まってきているのですが、どの路線に乗ってどの駅で降りればいいか調べていなかったので(爆)、タクシーを利用しました。

ただし、タクシーを利用するには、カウンターでチケットを購入する必要があります。
(係員さんが指摘してくれました)

カウンターでホテルのバウチャーを見せると、料金を言ってくれます。
13リンギット。
それほど、ここから遠くないものと思われます。



タクシーの運転手さんにバウチャーを見せますと、割とすぐにわかってもらえたようです。
ということは、それほど怪しいホテルではない、のかな?

市内はそれほど混雑していなくて、10分ちょいでホテルに到着しました。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2泊5日の暴挙の記録 その2 シルクエアー初体験とクアラルンプール空港での迷い方 りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる