りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 惑星を感じられる場所アイスランド その13 まずは、バフィンを見に行こう

<<   作成日時 : 2011/02/22 22:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

いよいよツアーに出発です。


画像


船内の様子。
しかし、ですよ。
全員分の座席はないんです。

画像


こんな小さな船ですから。

画像


別のツアーの船ですが、だいたいこんな感じの船です。

では、座席がない人はどうしているかというと、

画像


こうやって、外で風に耐えている、と。
まぁ、外でウォッチングするわけですから、その方がいいポジションをキープできるというわけでもあると思うのですが。


画像


あ、そうそう。
これが、船に乗り込む通路です。

画像
画像


船から見た、レイキャビク。
ここから20分ちょいでパフィンのウォッチングポイントへ到着。

画像


パフィンってのは鳥の名前で、アイスランドの国鳥というわけではないそうですが、アイスランドといえばパフィンというくらいポピュラーな鳥なんだそうです。外見的にはモノトーンのボディにカラフルなクチバシと足が特徴。


一昨日に参加した国立公園のツアーでも見かけていたのかもしれませんが、動きが早いので、よくわからないんですよね。

この日、そこそこ波が高い状態だったんですが、がんばってカメラで押さえてみました。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像


これ、すごく大変でした。

そもそも動きが早いので、飛んでいる姿を押さえるのは、遠くで集団でたくさんいるところしか押さえられません。
海面に浮かんでいるところを押さえるしかないのですが、それは船の近くじゃないので、なかなか「これがパフィン!」という特徴的な姿を押さえられない。

おまけに、結構な揺れ。






とてもきつかったです。(←、これ伏線)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パフィン(ツノメドリ)は北海道の霧多布の方へ行けば見られるそうですよ。北海道のはツノメドリではなく、エトピリカという鳥ですけど。

パフィンが生息してるからといって、厚岸や浜中は「日本のアイスランド」とは呼ばれないです。
カキは取れますけどね。
讃岐屋
2011/02/22 23:25
讃岐屋さま
エトピリカは、腹の色が黒いなどの違いがあり、別の属とする場合もあるようですね。



よくわかりません(゜o゜)
りーまんとらべらー
2011/02/23 21:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
惑星を感じられる場所アイスランド その13 まずは、バフィンを見に行こう りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる