りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 惑星を感じられる場所アイスランド その11 観光客を集めながら意外に不親切なレイキャビク

<<   作成日時 : 2011/02/20 17:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

現地4日目。
この日は市内観光メインで考えております。

ホテルから市内へ向かうバスがありましたので、それで市内へ。
まず、向かいましたのはレイキャビク市庁舎。

画像


見えておりますように、手前はかなり大きな池となっています。というか、池のほとりに立っている感じ。
その池は、といいますと。

画像
画像


水鳥たちの憩いの場となっております。

画像
画像


とまぁ、うじゃうじゃといるわけですが。

画像


これは、果たして本物なのでしょうか?







画像


最大ズームをかけてもこの状態。
よくわかりません。


…まぁ、本物じゃねぇのってことにしておきたいと思います。


画像
画像


こちらが建物。
市庁舎ですから、一応中には入れるようです。
で、入ってみたのですが…特に何かがあるわけではなく、ごく普通に執務されておられましたので、さすがに写真は撮影しておりません。


移動しましょう。

画像
画像
画像


とまぁ、なにやらいろいろとあるようですが。
それぞれが何の建物なのか、さっぱりわかりません。

わからない理由は3つ。

その1
ガイドブックがない。
紀行紀みたいな本があるので、それを見て同じ建物だとわかればいいのですが、それがないとまったくわからない。

その2
表記がない
アイスランドの言葉で表記してあるのかもしれませんが、それではわかりません。
というか、ここは○○みたいなことが書いてあるものを見た記憶もないですけど。

その3
地図が不親切
地図そのものは、たとえばインフォメーションでも、正確なものをもらえます。
ところが、それに書いてあるのは、ショップとかだったりするのです。
観光名所(というか市内なので博物館とか大統領官邸とかそういうものになりますが)の場所が書いていないのです。


ガーン…


まぁ、仕方ないです。
雰囲気が味わえれば、いいでしょう。





…ね。
orz




海岸(港)の近くまで来たので、そのあたりをぶらつきます。

画像
画像
画像


昨日、一昨日とツアーに出発した場所の向かい側の丘なのですが、何か歴史上の人物なんでしょうねぇ。
(というか、そうとしか思えないだけですけど)

ここから、海岸沿いに進んでいきますと、またいろんなモノがあります。

画像


ここの蚤の市が開催されるってことですかね。

画像


港に泊まっていた船。
軍艦でしょうか。

画像


これは解説がありました。
この港で物資を運ぶのに使われていた鉄道の機関車だそうです。
こんな小さな機関車で運べる荷物って大した量ではないと思うのですが。




…もう少し、ぶらつきます。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
惑星を感じられる場所アイスランド その11 観光客を集めながら意外に不親切なレイキャビク りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる