りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 惑星を感じられる場所アイスランド その1 たどり着くまでの遙かな道のり(1)

<<   作成日時 : 2011/01/31 22:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

出発したのは2009年8月8日。
OS 52便でまずは、ウィーンへ向かいます。

成田空港でのチェックイン手続きは、同じスターアライアンスということでANAが担当しています。
(無論、カウンターの表示はオーストリア航空となっていますが)

この日の最終目的地はイェーテボリという所なのですが、表記はGöteborg。
そもそもGで始まりますが、この後ろのöって発音が難しい上に、この2つがつながるとGとは発音しないみたいです。しかも最後のrgも「リ」というよりは「ルィ」って発音が近いらしいのですが…

日本語ではヨーテボリなんて表記も見かけます。

しかし、ANAの係員さん、こう発音しました。

「ゴッシェンブルグまでですね。」

は?


英語ではこう表記するみたいです。
Gothenburg


ほほぅ…
言葉って難しいですね。

それはさておき。
この時の機内食はアップしてないみたいですね…

画像
画像


最初のサービス。

画像


1食目。
すごく「濃い」味付けでした。

画像


ミニサイズのこいつをはさんで

画像


ぼけてしまって申し訳ございません。



さて、日本時間で1055に出発し、到着は現地時間の1555。

ウィーン空港は、小さいけれど機能的な作りになっています。
日本などパスポートチェックが必要な国からの便が到着するエリアから、パスポートチェックを受け、パスポートチェックが必要でない国への出発便エリアへ。
時間まではラウンジで待機。

搭乗機まではバスで移動します。

画像

画像


これ、出発ゲートです。

画像


せいぜい2時間程度のフライトですので、こんな小さな飛行機。

画像


もともとオーストリア自体が大きな国ではないので、こういう小さな飛行機が多いのだと思われます。

乗り継いだのはOS352便。
ウィーンを1955に出発し、イェーテボリ到着は2155です。

幸運なことに、ビジネスクラスにアップグレードされました。
といっても、座席は、前後の間隔が広いだけで、横幅はエコノミークラスと同じ。
だって、どちらも2列−2列の座席配置ですから。

おまけに、窓際の座席だったのですが、飛行機のサイズが小さいので、かなり窮屈です。

で、機内食。

画像


オーストリア航空といえば、何が何でも三角形。
そのスタイルには潔さすら感じられます。



いい加減飽きてきたところで、イェーテボリのランドベター空港に到着です。
22時を回ってかなり遅い時間なので、人の姿もすっかり少なくなっています。

とりあえず、少しだけでも現金を入手しないと、と思ってATMを探して現金を入手したのですが、バス乗り場へ行ってビックリ。

バスの料金は現金でなく、クレジットカードでしか支払いできないのです。



そんなものなんだ…




市内へ向かいます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
惑星を感じられる場所アイスランド その1 たどり着くまでの遙かな道のり(1) りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる