りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 悠久の大河メコン その9 ぶらつくというよりひたすら食べまくるホーチミンシティ

<<   作成日時 : 2011/01/28 23:05   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ホーチミンシティ2日目。

まずは昼食です。

画像


これがセットになっていました。
多分、フォー24という名前で全国展開しているチェーン店のはずです。
(ホテルの近く、女性でも一人では入れそうなきれいな店内、という記憶があるから、多分そうでしょう)

ちなみにフォー24という店名は、24時間以上煮込んだスープ、ということからつけられたらしいです。

コクがある、と某有名ガイドブックなんとかの迷い方にはそうありますが、フォーですから、コクはあってもあっさりしていて、つるっといけます。

ここからぶらつきという名の食べ歩きが始まります。

画像


市民劇場です。
フランス統治時代に立てられ、南ベトナム時代には国会議事堂としても利用されていた由緒ある建物らしいのですが。
実はこれ、通りのど真ん中にあります。
シェラトンホテルとコンチネンタルホテルが向かい合っている通りがあるのですが、その道路に建てられているのです。一瞬、びっくりします。

で、そのコンチネンタルホテルの隣にパークソンというショッピングセンターがあります。
ショッピングセンターがあれば当然のごとく、フードコートがありまして、灯りに魅せられて近付いていく蛾のように、ワタクシもフードコートがあれば行きたくなってしまいます。

画像


見た感じ、何味がわかりにくいですが、酸味と辛味が効いているスープに

画像


うどんっぽい麺が入っていました。

これだけ食べれば昼食としては十分ですが、それなりに歩き回っているので、まだ詰め込むことが可能です。
ここに行ってきました。

画像


サイゴン・セントラルモスクです。
扉を入りまして、

画像


この階段を上がるのではなく、

画像


階段の右側を奥の方へ入っていきます。
こんなところに入っていっていいのかという疑問を持ってはいけません。

画像


すると、やる気のなさそうな食堂があります。
この食堂のカレーがおいしい、と某ガイドブックに書いてありました。

画像
画像


ライスもナンも両方出てくるってのがよくわかりませんが、少なくともカレーは本場の味(といってもインドに行ったことはないですが)でした。

バナナも青いですが、ちゃんと食べれるレベルには熟れていました。
(青いままの品種かも)




さすがに、食べすぎです。
一応、連続して食べたわけではなく、4時間近くかけて歩き回りながら食べたのですが。

というわけで、さすがに夕食は食べる気にならず、翌日の移動に備えて荷物をまとめ、一旦眠ることにしました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
悠久の大河メコン その9 ぶらつくというよりひたすら食べまくるホーチミンシティ りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる