りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS たっぷりマカオ満喫にっき その9 世界遺産を回りましょう(7)聖ポール天主堂跡付近

<<   作成日時 : 2011/01/14 22:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

たった1日の観光でどこまで引っ張るのだろう、しかも内容がスカスカなのに…と恥ずかしくなってきましたが。
ここまで来たら開き直るしかございません。

このまま、突っ走ります。



表側の人だかりに比べ、やや人が減ってしまう裏側。
その地下には、天主教芸術博物館というのがあって、さまざまな宗教美術品が展示されています。

画像


そして、地下聖堂というものがあります。

画像


こんなものが展示というか、設置というか、されているのですが。

画像


こんな注意事項があるなんて、ちょっと残念ですね。



当時の時代背景として、日本ではキリスト教徒に棄教を強制していたということがあり、こんなものがありました。

画像



さて、地上に戻り(というか、あんまり地下というイメージではなかった)。

画像


ここに登ってみましょう。

画像


上から見下ろすとこんな感じです。

画像
画像


壁の開いている部分から表側を見ますと、こんな景色が見えます。
あれ、ちょっと気になる部分があります。

画像


噴水があったらコインを投げ込まずにはいられないってのが西洋ではよく見かける風景ですが、その影響なんでしょうか…


ついでに、上から真下を見下ろすと。

画像
画像


2号には、こんなことはできるまい。
フッフッフ。




さて、この付近にも世界遺産はあります。

画像


まずは、ナーチャ廟。
聖ポール天主堂跡のすぐ横にあります。1888年創建。
ナーチャとは暴れん坊の男の子で、孫悟空にも登場します。武芸の達人で、疫病退治の神様として有名なんだそうです。

画像


次に、ナーチャ廟に隣接した、単なる壁。
ですが、これも世界遺産です。
この城壁は17世紀初期にポルトガル人が外敵を防ぐために築いたもの。材料はシュナンボーという、土砂、わら、牡蠣の貝殻を混ぜたもので出来ているんだとか。
こんなものがなぜ世界遺産に含まれているのか。

それは、この前の記事にコメントを下さったmasa-takaさまのブログをご覧になってくださいませ(笑)。
というか、そちらに丁寧な説明と解説があるので、とてもその受け売りを書くわけには参りません。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私の記事も色んな所から頂戴したものなのですよ。なので恥ずかしいです。
1日の観光は普通ですよ。私はマカオ半島だけで4日間も観光した変わり者です。
masa-taka
2011/01/15 19:45
masa-takaさま
歴史がある町ですから、じっくり見てまわれば時間がかかるのは仕方ないと思います。
コメントをいただき、ありがとうございました。
りーまんとらべらー
2011/01/16 19:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
たっぷりマカオ満喫にっき その9 世界遺産を回りましょう(7)聖ポール天主堂跡付近 りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる