りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS シンガポールで感じるたいして不思議ではないこと

<<   作成日時 : 2010/09/21 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

シンガポールの朝は暗い。







ただそれは、別に雰囲気がどうとかではなく、物理的に暗い、という意味である。


シンガポールから日本に向かう便は、朝早い時間か、深夜しかない。
この年になるとなるべくなら夜行便は避けたいので、朝の便を選択することになる。
ANAの場合、8時過ぎのフライトとなる。

となると6時くらいにはホテルをチェックアウトして空港へ向かうことになる。
で、その時間帯。

朝なのに、空はまだ真っ暗なのである。




赤道に近いということを考えると日本より日の出が早いはずなのだが、(特に9月は一番日照時間が長い時期のはず)、日本と経度が30度近く違うのに時差が1時間しか違わない、ということが関係しているのだろう。




そして、日本ではあまり見かけないオレンジ色の街灯。
(逆に、世界的にはこのオレンジ色の街灯の方がメジャーな気がするが)

空港まではたいていの場合、ハイウェイを100kmくらいのスピードで飛ばしていくのだが、この街灯のせいもあって、なんだか幻想的な気分になってしまう。







では、シンガポールでは何時くらいに夜が明けるのか?
空港でチェックインした後は、ラウンジに入ってしまうので、それはわからない。
搭乗時刻になってゲートに行く頃になると、完全に夜が明けてしまっている。

その時は、「いつの間に…」と一瞬だけ思うのだが、思うだけ。
確かめたことはない。





今回も、またいつもと同じだった。











シンガポール航空 A380-600
ヘルパ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シンガポール航空 A380-600 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シンガポールで感じるたいして不思議ではないこと りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる