りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010年の機内食 その9 コパ航空サンホセ発パナマシティー行(なぜかビジネスクラス)

<<   作成日時 : 2010/05/13 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

もひとつ、おまけ。

コパ航空ってのはコンチネンタル航空系列の航空会社です。
パナマシティーを中心に中米各地を結ぶ区間を飛んでいます。

サンホセ(コスタリカ)からパナマシティーまではバスを利用する予定だったのですが、時間がかかる(18時間)のと、何よりも時間帯が悪い(サンホセを昼に出発する便はパナマシティーに朝の4時に到着するし、もう1つの便はサンホセ出発が真夜中と、ちょっと危険)ので、飛行機に切り替えました。

いつもお世話になっている旅行代理店(サンホセにあります。水どう藩士の方が経営されています)の方に依頼したのですが、380ドルとのこと。

330マイル(530km)ほどのフライトですから、東京−岡山とか広島くらいの感じでしょうか。
片道で、しかも直前に購入しているわけですから、これくらいの料金になるのは仕方ないよね…と購入したのですが、予約を見たら、なんとビジネスクラス。
普通にエコノミークラスを購入するより安いんだそうです。
理由はよくわかりませんが。


とにかく。
ビジネスクラスというわけで、ちゃんとした機内食が出てくるのかと思いきや。

画像


ラザーニア。
以上です。

フライト時間が1時間10分ですので、それ以上無理ってことなのでしょうか?

機材も見たことのない機材。
EMB190という機材でした。

そこそこ小さな機体。A320ぐらいのサイズでしょうか。
エコノミークラスは2−2配列ですが、ビジネスクラスは1−2配列です。

画像


私の座席は1列側だったのですが、荷物入れが小さすぎて荷物が入りません。
(私が持ち込んだのは、通常の大きさのデイパック1つだけです)
だからなのか、荷物スペースがちゃんとありました。

画像




そうそう。
このフライトでは、入国書類が配られませんでした。
だから必要ないのかと思っていたら、やっぱり必要。
あわてて窓口で記入しました。

おまけに税関書類も。


それくらい配ってほしい…




ただ。
配られないのには違和感がなかったのです。
というのは、ガイドブックには、「入国にはツーリストカードが必要。」「出発地のチェックインの際、あるいは到着段階で5ドルで購入」と書いてあったからです。

しかし、実際には、ツーリストカードなんてなくて、普通の入国書類だけ。
料金も不要。


何だったのでしょうか?
よくわかりません。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ニコチンに振り回される中米の旅 その11 パーナマっ!!
ワタクシのような’80s世代にとって、パナマといってすぐ頭に浮かぶのは、実は運河ではなくヴァン・ヘイレンの名曲でしょう。 ...続きを見る
りーまんとらべらーの日常と非日常
2010/05/24 00:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なんだろ。。。アメリカ人はいらないとか、日本人は有料とか?(笑)
yy-holmes
2010/05/13 08:08
yy-holmesさま
よくわからないですねぇ…まぁ無事入国できたので問題ないってことに自分ではしています。
りーまんとらべらー
2010/05/14 13:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
2010年の機内食 その9 コパ航空サンホセ発パナマシティー行(なぜかビジネスクラス) りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる