りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 食べてるのは機内食だけじゃない2009 その9 シンガポールで水曜どうでしょう

<<   作成日時 : 2009/12/10 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ワタクシと2号は、嗜好も思考もかなり異なっているのですが、なぜか「水曜どうでしょう」に関しては趣味が一致しているようです。
(体型も一致している、という突っ込みは却下します。ウェストを順調に急激に増やしつつある2号と、地味に体重を減らしつつあるワタクシは違うのです!)



で。
シンガポールで、「水曜どうでしょう」とくれば。




やはり、ワールドカップ予選でしょうか。
しかし、それは、いつもやっているわけではないですから…



ラッフルズホテルのバイキング、しかないですね。






行ってきました。

画像


こちらでラッフルズホテルにはビュッフェをやっているレストランが2つある、というような話をさせていただきましたが。
(ついでに、こちらのアルバムでも)


今度は間違えずに、あの方々が味わったビュッフェにたどり着くことができました。





しかし。
このビュッフェ。

舐めていてはいけません。

シャンパンやワインが飲み放題、というおまけつきだと180シンガポールドル。(しかも、これは税抜き。)
1シンガポールドルは70円を切っているみたいですが、税抜きで1万円以上するんですよ。

飲み放題をつけなくても140シンガポールドル。





ですが。
このメニューを見ていただければ納得していただけるのではないでしょうか。
(あくまで、ごく一部ですけど)

画像


ロブスターですよ、ロブスター。
これを、丸ごと半分。

画像


お肉にしても、普通にステーキだけでなく、子羊の香草焼きとか?

画像


こういう、普通のメニューもあるわけですよ。

画像


このテーブル、丸ごと前菜系。
(ちなみに奥のテーブルは、丸ごとデザート)



当然ながら、かなりガッツリいただいたわけですが。

画像



デザートは別腹ですよね(爆)

画像


中でも、こいつ。
上に乗っかっているボール状のチョコレートが、曲者です。

このチョコレートを口の中で割ると。







口の中がパチパチと弾けるのです。









線香花火が弾けているみたいな感じで。










やるな、ラッフルズホテル。



まぁ、実際、どのメニューも「凝っているねぇ」って感じではあるのですが。

それに、すごいのがもう一つ。

それは、ウェイター、ウェイトレスの方々。
まるで北京のレストランみたいに人がうじゃうじゃいて、なおかつ、その一人一人がこまめに動き回って、真面目に仕事をしているのです。

一皿食べ終えて、ナプキンを椅子の上に置いたりして席を離れますと、
戻ってくるまでには当然皿は片付けられていますし、ナプキンも折りたたんでテーブルの上へ。

徹底したサービス。
すごいです。


料金以上の満足度でした。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱり値段だな、値段(笑)スタッフが動き回っていてもスペースに余裕があるから忙しない感じは無いでしょ?!
yy-holmes
2009/12/11 13:09
yy-holmesさま
値段はちょっと…ですが、サービスの質や料理の質を考えると、納得です。
仰るとおり、いつのまにかスタッフがすっと寄ってくるって感じで、全然せわしい気はしませんから。
りーまんとらべらー
2009/12/13 01:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
食べてるのは機内食だけじゃない2009 その9 シンガポールで水曜どうでしょう りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる