りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 後追いの保安検査にどれくらい意味があるのだろう?

<<   作成日時 : 2009/12/27 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

先日のテロ未遂事件を受けて、アメリカでは保安検査の強化が行われているようです。

ニュース元はここですが、そのうちに消えてしまうでしょうから引用しておきます。



米運輸安全局(TSA)は26日、米国に乗り入れる日本の航空会社に対しても、搭乗前の乗客全員へのボディーチェックなどを要請。日航と全日空が、国内空港での保安検査強化に乗り出した。

 国土交通省も、国際・国内両線で保安検査を確実に実施するよう航空各社に指示。検査強化が年末年始の出国ラッシュと重なり混雑が激しくなる恐れがあるため、米国便を利用する際は早めに搭乗手続きをするよう呼び掛けた。

 日本の空港では、搭乗前の乗客は金属探知ゲートをくぐる検査を受けるが、ボディーチェックは通常実施されていない。今回の検査強化により、航空各社は警備員を増員して対応、手荷物もすべて開けて調べる。旅客機に搭乗後も、米国到着の1時間前からは全員着席するように求めるという。

 全日空は乗客から出発カウンターで預かって貨物室に載せる荷物についても、爆発物感知装置の検査を徹底するとしている。〔共同〕(00:21)




本当にアルカイーダによるテロなのか不明なところもあるようですが、どの組織が計画したにせよ、未遂に終わった事件の直後に同じような犯行を目論むものでしょうか。
他の組織だって、同じでしょう。



となれば、今回の保安検査強化にどれくらい意味があるのだろうか?



そう思ってしまいます。
国内線のチェックインは2時間前、国際線は3時間前とか、あの頃のように戻ってしまうのでしょうか?
必要な検査なら協力はしますが…



いえね、空港内でニコチンの補給ができるならいいんです。
でも、アメリカ国内ではそれが不可能ですよね。

ただでさえ、機内で10時間以上の禁煙を要求されるのに、さらに保安検査にかかる時間を考えると、12時間くらいの禁煙を要求される、それを避けたいだけなんですけどね…


…とまぁ、そういう個人的事情はさておき。
アメリカにせよ日本にせよ、情報収集はきっちりやって、事件が発覚する前の対策を取るよう心がけてほしいものです。






あ、そういや、今度のお出かけのラスベガス出発は、朝の6時10分。
…何時にホテルを出発すればいいんだ?




まぁ、カジノで一晩中遊んでいればいいだけですけど(笑)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アメリカの自己中心主義は今日に始まったことではありませんが
「後追いの保安検査にどれくらい意味があるのだろう?」について 今日、4日、帰国しました。 というわけで、保安検査を受けたのは3日になるのですが。 アメリカの保安検査体制は、ホント、むかつきますねぇ…。 ...続きを見る
りーまんとらべらーの日常と非日常
2010/01/04 21:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うん、私が海外に行かなくなった原因の1つがこの突然起こるテロ事件とそれに伴うセキュリティ強化。出発前ならまだしも渡航中だとニュースは外国語。ちゃんと理解出来ていないとマズいだろうと。。。なかなか進まない行列は疲れも倍増だしね(笑)
yy-holmes
2009/12/30 20:50
yy-holmesさま
それがですねぇ…アメリカさんのやり口には、ホント、むかつくばかりです。
詳しくは続きの記事で。
りーまんとらべらー
2010/01/04 21:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
後追いの保安検査にどれくらい意味があるのだろう? りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる