りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS リゾート地なんて1人で行くものじゃぁない その1 チケットは通しで買うべき…なんでしょう…やっぱし

<<   作成日時 : 2008/12/08 20:56   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

年内にどこまで片をつけられるかわかりませんが、とりあえずやれるだけはやってみましょう。
ということで、まずはG.W.のお出かけから。



こちらの記事は、出発段階のものです。

世間様からは少々気が早いと言われがちな段階で、なおかつ同じ部署の方々がお仕事のピークを迎えていて会社の公休日カレンダーではなく、文字通り暦という意味でのカレンダー通りでしかお休みできないという状態なのに、平然とオセロルールを貫いてのG.W.突入。

かなり気が引けながらの出発でございました。

惰眠を十分にむさぼってお昼くらいに起きてきて、そこから荷造りをして成田空港へ。
しかし、今回はいつもの第1ターミナルではありますが、UAでの出発です。
時間帯は、いつものNHとたいして変わらないのですが(NHは17時ちょうどくらいに対し、UAは17時30分)、なんだか「違う」という印象が強いです。

にしても、世間にはUAを支持される方が結構いらっしゃるようですが、私にはUAは違和感とか、怒りを感じるばかり。
食事のことはこちらでも愚痴っておりますが、座席とか、エンターテイメントサービスとか、許せないものはたくさんございます。

アメリカ系の航空会社にとって、日米線ってどうでもいい路線なんですかね?
ビジネスクラスの座席改良は順次行っていく予定、とアナウンスされていますが、いったいいつ頃になるのでしょうか?

エンターテイメントサービスは、英語がメイン。
たとえば映画では、他の言語の字幕が入っているものなんてわずか。
ましてや、他の言語の映画なんて…

音楽にいたっては、チャンネルの紹介があるだけで、どんな曲が流れているかの紹介はなし。
んでもって、曲はクラシックと英語のみ。



シンガポール航空をご覧なさい。
日本語、中国語、韓国語、ヒンズー語の音楽チャネルがあって、当然曲目が紹介されています。
映画に関しても、各言語の映画が1本は用意されています。

英語がわからないんだったら乗るな!と言われているような気がしてしまいます。




そんなに文句を言いながら何で乗るのか?って突っ込みがありそうですが、チケットの都合です。
今回の旅行は、コロンボ発ロサンゼルス往復のチケット。(ZLKです)
ロングフライトをビジネスクラスでこなさないと、なかなかプレミアムポイント10万なんてたまりません。
それでやむをえず利用しているのです。




後輩の彼女がUAのCAをしていて、そのルートからもあんまりいい話は聞きませんし、
「あぁ、もうっ!」って感じもしますが、
まぁオッサンが愚痴っているだけなので、気分が悪いという方は聞き流してくださいませ。
反論は受け付けません。

意味がないので。






とにかく。
そういうわけで、機内でもかなりいやな気分になりながら、ロサンゼルス空港へ到着。

11時16分到着なんて分単位のスケジュールなんて守れるのか?って突っ込みをしたくなるところですが、実際に到着したのは11時ちょうどくらい。
しかし、第7ターミナル到着にもかかわらず第6ターミナルへ誘導されなきゃいけないとか、そういう仕方ないことがあって外に出てきたのは、もう12時近い時間でした。




でも、あせることはありません。
それより、時間がかかってくれた方がいいのです。

なんたって、この次の乗り継ぎ便の出発は、17時45分なのですから。




だって、ですね。
ロサンゼルスまではZLKというチケットを利用してきましたが、ここからはExpediaで購入した、Flight&Hotel。
できればスターアライアンス系の航空会社を利用したかったのですが、たとえばUAのロサンゼルス発メキシコシティー行きは朝の10時過ぎの出発なので、それを利用するならば1泊するしかありません。

それは、ちょっとヤダ。

それよりも値段優先ということで、メキシカーナ航空を利用することになったわけです。
さらに、メキシカーナ航空の場合、そこまで待たなくても15時くらいのフライトがあることにはあるのですが、こちらの便を選択してしまいました。

というのは、こちらの便を選択すると到着予定が翌日の朝になっていたので、その先の乗り継ぎ便が、いわゆる「レッドアイ」だと思い込んだからです。

「レッドアイ」というのは、いわゆる夜行便。深夜に出発して、翌早朝に目的地に到着するフライトです。
その便の乗客は、機内ではよく眠れないことが多く、徹夜明けみたいに「目を赤くして」到着する、ということからレッドアイと呼ばれるようです。

これだと1泊節約できるもんね!と浮かれておりました。




だいたい、Expediaって乗り継ぎの場合、あんまり詳細は表示してくれないんですよね。
出発時間と到着時間だけって感じ。

だから、こんなことになってしまうとは、気付かなかったのです。



ただ、17時までどうやって時間をつぶそうか、と悩むだけ。
とりあえず、国際線のトムブラッドレーターミナルへ移動し、そこで食事。
それがすんだら、お外でタバコ、と2時間ほど時間をつぶし、まずはチェックイン。

(メキシカーナ航空は以前はスターアライアンスでしたが、今は違うので、スルーチェックインできなかったのです)

ところが。
この時期、トムブラッドレーターミナルは改装中で、カウンターの場所が移動しておりました。

どこ?

探してみると、メキシカーナ航空は、到着フロアの片隅に移動しておりました。
道理で出発フロアをいくら探しても見つからないはず。




まぁ、とにかく、無事チェックインが終わり、また待機。
こういう時は、やはりスターアライアンス系にして、ゆっくりとラウンジで休憩すればよかったと思います。

ただ、この時。
乗り継ぎ便もメキシカーナ航空なので、その搭乗券も同時に受け取ることになり、メキシコシティー空港での夜明かしという衝撃の事実も知ることになったのでした(T_T)。



あわててガイドブックを調べてみますと、一応メキシコシティー空港にはホテルがあるようです。
だったら、荷物は一旦メキシコシティー空港で受け取ればよかろう、その上でどうするか考えればいいだろうってことで、その旨を係員に伝えて、とりあえず一安心。




にしても。
Expediaは便利は便利ですが、やっぱりちゃんと調べておかないといけないですね。

でも、それがワタクシ。
しようがないです。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そりゃシンガポール航空が別格なんでは?日本語充実ってことならJALかANAがあるから仕方ない?(笑)
yy-holmes
2008/12/09 10:38
yy-holmesさま
別に日本語にこだわる気はないですが、乗客へのサービスというものを重視しない姿勢(と私には見える)が許せないのです。
ちなみに言語サービスの点では、タイ航空とかアシアナもがんばってますよ。
りーまんとらべらー
2008/12/09 19:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
リゾート地なんて1人で行くものじゃぁない その1 チケットは通しで買うべき…なんでしょう…やっぱし りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる