りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 都心からすぐそこの海外へ その5 おみやげ物を買うのが目的だったのに、まずは食いまくってます

<<   作成日時 : 2008/01/18 01:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

さて翌日。
買出しに出かけました。

このお出かけに行ったのは10月の3連休。
ワタクシにとっては、新しい会社に移ってまだ1週間ちょっとという時期。
ここは一つ、大量にお土産を買い込んでそれをばら撒き、ワタクシという人間を覚えていただこうではありませんか、という魂胆でございました。


となれば、有名な観光スポット、豫園が思い浮かびます。


豫園。
1559年に四川省の役人、藩允瑞によって造園が開始されて以来18年の年月をかけて造園された中国式庭園。約2万平方メートルの敷地内にさまざまな名建築や銘石のある庭園がある。


…てなガイドブックの受け売りはさておき。
我々のお目当てはそういうものではございません。
というか、そういうものは既に、前回の上海訪問で経験済み。
それ以前に、西洋人からすれば「オリエンタル」の一言でくくられる「中国風」「日本風」ですが、ワタクシにはずいぶん違ったものに思えて、しかもあまり興味をそそられないのです。

それなのになぜやってきたか。
それは、この一帯には、いろんなお店があって、お土産物を選ぶには最適ということを知っていたからです。

ということで、例によってタクシーで豫園の側までやってきた我々。
さて、どのあたりだったっけ…と記憶をたどりつつ、ガイドブックを開きます。
そういう下調べくらい事前にやっておけってなものですが、それは我々の旅ではございません。

すると。
ふと開いたページにこういう記述がありました。


「金華ハムと鶏肉のあっさりスープ
 スープの中にそびえ立つアート作品」


ほほぅ…これは、なかなか、そそられるじゃないですか。
おや、このお店って、すぐ近くじゃないの、というか、向こうに見えているじゃん!

でまた、ちょうど具合がいいことに、時間は11時を回ったところ。
さらに加えて、昨日の爆食のせいで朝食を食べられずにいた腹具合。

もう、これは、味わうしかないでしょう。



早速、お店に突入。
上海老飯店、といいます。

入店しますと、エレベーターで上に上がるように指示されます。

一応、3階まで吹き抜けになっているのですが、まぁ上のフロアでも問題はございません。
問題なのは、2人席ってそう用意されていなくて、円卓の5〜6人がけのテーブルが大半のため、どうしても隅っこの方に近い席に案内されること。
仕方ないことですし、昨日の昼食のお店とは違って、壁に近いだけでぜんぜん悪いポジションではありませんので、いいでしょう。

テーブルに着きまして。

画像


一気にオーダーします。
2号の「お酒は?」とすがるような視線なぞ、当然のごとく無視。

画像


中国醤油の味付けって意外にヘビーですね。
おまけに、この幅広の麺が違和感を醸し出しますが、これはこれでアリなのかもしれません。
青菜が舌を休めてくれますし。

画像


エビチリ。
2号が喜んで食べていたので、多分、相当「辛い」ものだったのではないかと思われます。
(私は食べてない)

私は代わりにこちらをメインに。

画像


だからさー、メニューの文字表現だけではさー、どれくらいのボリュームがあるかわからないんだよねー。
結構ボリュームがあるってことをさー、オーダーの際に教えておいてくんないかなー・
でなきゃ、頼みすぎになっちゃうじゃん!


…って、こういうこともあろうかと、品数は少なめにしておいたので、なんとか完食はしましたけどね。


でもって、お目当ての、こちら。

画像


精扣三絲(ジンコウサンスー)。
あっさりスープに、金華ハムや鶏肉、筍といった具材の細切りのタワーが浮かんでいます。
この具の細さは凄腕の職人の技が感じられます。

食べる時は、このタワーを…

画像


こんな風に崩して、スープとして楽しみます。
崩すんだったら、タワーにしておく意味がないようにも思いますが、そういう野暮なことは、いいっこなし、ですよね。



ってなわけで、予想よりはちょっとヘビーになりましたが、それでもダメージを食らうところまではいかない程度でなんとか踏みとどまることができました。

別に踏みとどまらなくても、この後歩き回ったことを考えると、そこまでしなくてもよかったかもしれませんが。






…てなわけで、目的を達成する前に、かるーく爆食メニューと戦ったわけですが。

次回は。
豫園の人混みのすごさと戦いまっす(ハヤテのごとく風(笑))




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
モンブラン(ケーキ)かと思った(^_^;)
yy-holmes
2008/01/21 23:31
yy-holmsさま
それくらい、芸が細かいですよねぇ…
りーまんとらべらー
2008/01/23 20:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
都心からすぐそこの海外へ その5 おみやげ物を買うのが目的だったのに、まずは食いまくってます りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる