りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS せっかくだから、天草・阿蘇へ その6 ちょっと変わったルートで移動しましょう

<<   作成日時 : 2007/11/11 23:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

名残惜しいですが、ここでシードーナツとはお別れ。
この場所は、松島のバス停からはちょっと離れていますので(バス停2つ分)、松島まで歩いて戻ります。

画像


(見えているのが、天草五橋の1つ、4号橋になります)

その途中、5号橋を渡る手前にあるお店で昼食を取りました。
「潮まねき」というお店です。

画像


私が入店した時は、タイミングよくすんなりと座れたのですが、そのちょっと後には行列ができていました。ガイドブックに載っているだけあって、それなりに有名なのでしょう。

オーダーしたのは、潮まねき丼。

画像


まぁ、要は海鮮丼なのですが。

画像


これで1260円というのは、まぁ首都圏に住んでいる者にとっては「そんなもんでしょう」って感じですが、地元価格としてはどうかと。
ただ、観光地価格ですし、その辺を加味すると適正かな?

お店を出まして、再び松島方面へ。
クルマがびゅんびゅん飛ばす道を、いくら歩道とはいえ、荷物を引きずりながら歩くのは、結構恐いものです。

それにもめげず、とりあえず記念に写真を。

画像


見えているのは4号橋。
先ほどの写真はシードーナツ側から撮ったものですが、これは反対に位置する5号橋から撮ったものです。

それから、こちら。

画像


天草というと、小さな島が点在するというイメージがあったので…



さて。
松島のバス停(というか、一応営業所もどきになっています。係員の方がいて、お土産も売っていますし)まで戻るつもりだったのですが、途中の看板を見て、気が変わりました。

松島から八代までフェリーが出ているのです。

同じルートを戻っても、つまんないですからね。
残念ながら、2つの会社が運航しているうち、片方の会社が10月いっぱいで運航を停止するみたいですが、この段階(9月)は、だいたい1時間半から2時間に1便くらいは運航していました。
そのフェリーが、それほど待つことなく、出発するようなのです。
乗船券(800円)を購入して、乗船。

画像


船内はこんな感じです。

画像


港には、のんびりと釣りを楽しんでいる人がいました。

画像



時間になって出航。

ところが、いきなり船が向きを変えるのです。
フェリーですから、当然車とかを載せることができるわけですが、車は港から直接船内に入っていくわけです。そのための入り口が港に面しているわけですが、そちらがある方が船としては前になっているのです。

ですから、出航していきなり右90度に曲がっていき、そこで進路を逆にしてもう一度右90度に曲がって進んでいったのです。

入り口が後ろ側とばっかり思っていたので、ちょっとびっくりしました。



で、あとは船内で退屈な時間。
一応、TV電波が受信できるので、船内にはTVがあってそれを見ているわけですが、週末のお昼の時間帯って、この地域では普段ネット局がないTV東京の番組をやっていたりすることが多くて、それほど…
持っていた数独のパズルを解いて時間をつぶすことにしました。

まぁ、船内から撮った風景でもご覧になってください。

画像


画像


画像


海を渡る送電線って、なんか迫力がありますね。
実際は、島伝いになるので、それほど長い距離になるわけではないみたいですが。



さて、無事八代港に到着。
ところが、この八代港。

市街地からは結構離れたところにあるのですが、市街地までの連絡バスがある、とかそういうわけではないようです。

だいたい、フェリーですから、そのまま車で移動するとか、あるいは誰かが迎えに来ている、という状況みたいです。
仕方なく、この時の私のように途方に暮れる乗客目当てのタクシーで、駅まで移動することにしました。

ただ、問題なのは、八代駅に向かうか、新八代駅に向かうか。
八代駅の方がいろいろあるのは間違いないですが、九州新幹線が部分開通した影響で、博多まで向かう、本数の多い特急列車は八代駅からは乗車できません。
普通の各駅停車か、せいぜい1日に3本くらいしかない九州横断特急しか利用できないのです。

買い物とか散歩とかする気ならば、八代駅ですけど…

ちょっとだけ迷って、結局新八代駅まで向かいことにしました。



ですが、この新八代駅が遠いこと、遠いこと。
おまけに。
まわりに何もありません。
ホテルが1つポツンとあるだけ。

なんで、こんなところに駅を作ろうと思ったのでしょうか?

ちょっと神経を疑います。



おまけに。
タイミングが悪く(特急は30分に1本)、特急に乗るより、各駅停車に乗っていった方が早いことが判明。

わざわざ、新八代まで来た意味がありませんでした。


まぁ、どうでもいいことですけれど。




てなわけで、熊本駅まで戻ってきました。
それは、翌日、阿蘇方面に向かうのに、熊本駅を出発点とする予定だったからです。

この熊本駅付近も、例によって何もないので、市街地の方まで市電で出かけ、食事だけして戻ってきました。

画像


こだいこ、というお店です。
まぁ、普通の熊本ラーメンですが…。
熊本の旅行ということで、いいですよね。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
熊本ラーメンってどんなラーメン?
yy-holmes
2007/11/12 22:30
yy-holmesさま
九州ラーメン共通のとんこつラーメンです。細麺なので博多ラーメンに似ているのかも。
あと揚げニンニクなんかも特徴です。
りーまんとらべらー
2007/11/12 23:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
せっかくだから、天草・阿蘇へ その6 ちょっと変わったルートで移動しましょう りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる