りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 【旅行】空港ごとにむちゃくちゃな保安検査が怖くて旅ができるかっ!!

<<   作成日時 : 2006/09/19 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ラスベガス空港。
普段でさえ保安検査場は長い行列ができていますが、今回はこれまで見た中で一番長い行列ができていました。
しかし、保安検査体制の強化ってことを昨日今日始めたわけではないので、効率よく捌くために機械の台数を増やしたり検査人員を増員するってことをちゃんと行っています。
ですから、長い行列であっても、順調に行列が進んでいきますので、それほど待たされているという感じがしません。
ちょっとずつでも、常に行列が動いているという形になっていると、イライラしないんですね。

実際に、待たされた時間も40分弱と行列の長さから想像していたより全然早くクリアできました。
ただ、抜け漏れも相当あるみたいですが(笑)



だって、ライターを見逃してもらえたもんね!!



さて、ロサンゼルス空港。
今までかなりの回数利用してきているのですが、チェックインにこんなに手間取ったのは初めてです。

これまでビジネスクラス・ファーストクラス・上級会員向けのカウンターでは、荷物のスクリーニング(検査)は必要ありませんでした。
チェックインしてクレームタグをつけてもらうと、そこで係員の方がやってきてスクリーニングをする場所へ荷物を運んでいってもらい、それから荷物が戻ってきて、チェックインが完了という形になっていたのです。
ところがどうやら、チェックインする前にスクリーニングを受けなければいけないというようにルールが変わったようです。
それはそれで仕方ないことだと思うのですが、問題なのはスクリーニングをするTSA(これはアメリカのお役所)の係員とANAの係員の間の連携が全然取れていないこと。

形式的には、一旦TSAの係員に荷物を渡して、その後チェックインの行列に並び、自分の順番になったらTSAの係員に自分の荷物を指し示し、そのTSAの係員に荷物を持ってきてもらい、チェックインの手続きをするというようになっているみたいです。


ところがTSAの係員ときたら、荷物を渡した後、ここで待っていろというだけで、その後どうしたらいいのか全然教えてくれない。(上記のような手順がわかったのは、ANAの係員を捕まえて聞いたから)
おまけに、スクリーニングをした荷物を置く場所が狭いからといって、勝手に行列の場所を変えて、行列を1箇所にまとめてしまったため、どこのカウンターが空いたのかわからなくなって混乱したり、さらにはスクリーニングした荷物を搭乗客が触ったからもう一度スクリーニングするとか主張して余計に時間がかかったり・・・
さまざまな混乱が発生して、もうわやくちゃ。

チェックインに30分以上かかったのって、初めての経験です。



なのに。
こういう混乱があるってことは、ラスベガス空港のことも考えると、保安検査に相当時間がかかるだろうなぁと思っていたら。
信じられないくらいの行列の短さ。
それだけでなく、並んでから検査終了までの時間の短さときたら、これまた記録更新。
7分かかっていません。

これって、普段の羽田程度の時間ですよ。
なんなの、いったい・・・





アメリカさんのやることは、ようわからん。




ってことですね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【旅行】空港ごとにむちゃくちゃな保安検査が怖くて旅ができるかっ!! りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる