りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS ヨーロッパ5カ国完全走破の旅 その7の3 シャンパンってうまいかい?

<<   作成日時 : 2006/07/25 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

えー、ガイドブックの受け売りですが(笑)。

ランスは、シャンパンの生産で知られるシャンパーニュ地方の中心都市。498年、フランク王国の初代国王クロヴィスが、司教レミからカトリックの洗礼を受けたのがここランスの大聖堂。以降、シャルル10世に至るまで、フランス国王の戴冠式は常にここで行われてきた。


・・・って、結構歴史がある町なんですねぇ。
知らなかった(笑)。

ということで、前の記事に書いた、ノートルダム大聖堂は401年に創建されたものなんだとか。(ただし現存する建物は、1211年から1世紀をかけて再建され、第1次世界大戦で破壊されたが20年をかけて復旧されたもの)

うむむ。恐るべし、ランス。




それはそれとして。
今回の記事は、シャンパンに関してでございます。
シャンパンという名称は、フランスの法律によって厳格にその基準が定められており、その基準を満たさないものは「スパーリングワイン」としか呼んではいけないらしいです。

所詮、たかが酒だろってしかワタクシには思えないのですが、アルコールを分解する才能をワタクシの分までかっさらって生まれてきたらしく、「ザル」を通り越して「枠」とまで呼ばれる大酒のみにとっては、そういう都市に来たからには、それを避けて通れないってことらしいです。

そこで、以前のシェリー酒のボデガ見学と同じく、今回もシャンパン工場の見学に行ってまいりました。

写真全部はこちらに載せておきましたが、ダイジェスト版をアップしながら、記事を書いてまいります。


今回見学したシャンパン工場は、テタンジェとかいうメーカー。
後にも出てきますが、JALの機内ドリンクとしても採用されているんだとか。
町の中心部であるノートルダム大聖堂から、10分くらい歩いたところにあります。

画像


おいおい、見学者用の駐車場があるって・・・飲酒運転を認めてるってことかい?(笑)

見学料を払って、工場内を見学していきます。
いつも思うのですが、日本はいいですねぇ。サントリーさんを始めとして、どこのメーカーさんも無料ですよ。

最初のビデオをパスしていいなら、すぐに参加できるってことなので、そうしました。
(どうせ見たって内容なんてわからないんだから)


画像


この螺旋階段、かなり深いです。
というか、それくらい地下にあるからこそ、一定の温度・湿度を維持できるのでしょう。
これを人工的に実現しようとすれば、かなりの設備・コストがかかるのでは?


あとは、シャンパンができるまでを延々と説明してくれます。
聞いた段階では半分くらいしか理解できていなかったわけで、今となっては記憶のかなたに飛んでしまっていますから、かなりの理解不足・誤解があるかもしれませんが。

とにかく、ワインに砂糖をぶち込むことで炭酸が発生するらしいです。
ただ、かき混ぜたりすると炭酸が飛んでしまいますし、壜を少しずつ回転させることで発生した炭酸を逃がしたりすることなく、全体がむらなく混ざっていく(砂糖が溶けていく)というような仕組みになっているらしいです。

画像

壜に書かれている白いラインが、その回転の目安と思われます。

でもって後半は、いかにして大きな壜のシャンパンを作るかという説明。
なんか小さな壜にできたシャンパンを大きな壜に注いで、また砂糖をぶち込んで・・・というような工程を経ているらしいです(かなりアヤシイ情報)



・・・だってですねぇ。
ガイドさんの英語が、短い文章を話している分には聞き取りやすいのですが、文章が長くなってくるとフランス語っぽい巻き舌になってくるし、そもそもそういう長い文章を頭の中で日本語に翻訳しているうちにヒアリングがおろそかになってくるし、というわけで全然理解できなくなってくるのです。

まぁ、そういう見学が終わって、ようやく試飲タイム。

画像


これくらいの量だったら、私でも飲めますってば。
だもんで、2号。
「なんだ、これっぽっちかよ。」とぼやいておりました。

まぁ、これで10ユーロと思ったら、確かに高い(笑)。



お土産用に販売もされておりましたが、途中で割れるのが怖いので、帰国直前に免税店で買えばいいってことで購入は断念。

1時間ほどであっという間に見学を終わりました。




なんか、そっけないというか、こんなもんかよって感じ。
引き続き、お出かけしていた2号のために、再度、町の見学を続けました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
わ〜〜、乾電池が並んでる〜っと思ったらビンでした。。。笑。。。お酒、飲めないけどシャンパンは綺麗だとは思う。
yy-holmes
2006/07/25 22:48
スパーリングワイン?
亀田興毅あたりにメッタメタに殴られそうですな(笑)



正しくはスパークリングワインですね。
讃岐屋
2006/07/26 01:01
最近、シャンパンにハマってます。
っていっても私の場合、ザルなもんで只今「禁酒」を言い渡されて何もアルコールが飲めない状態。

でもフルーツと一緒に飲むと最高!なんですよ。これがぁ!!ああ!!飲みたい!

ホスト無し、手酌で構わないわ(爆)。
sora@o
2006/07/26 01:45
おはようございます。
シャンパンLOVEです。飲み物の中で1番すき〜〜(興奮、失礼)
テタンジェに行かれたんですね、いいなああ。

それにしても2号様、「枠」とはウラヤマシイ。私も強いとは言われてますが、ワインは片頭痛にとても悪いのです・・・(飲むけど)
浴びるほどシャンパン飲みたい・・・
faa
2006/07/26 09:22
yy-holmesさま
確かに、比較するものがないので、いろんなものに見えても不思議ではないですねぇ

讃岐屋さま
すみませぬ・・・恥ずかしいですが、このまま残しておきますね・・・

sora@oさま
そんな、アッキー一直線は、もう少しお待ちくだされ。

faaさま
シャンパンが好きって方は多いんですねぇ。
頭が痛くならない程度にお嗜みくださいませ。
りーまんとらべらー
2006/07/26 23:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ヨーロッパ5カ国完全走破の旅 その7の3 シャンパンってうまいかい? りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる