りーまんとらべらーの日常と非日常

アクセスカウンタ

zoom RSS やられてしまった旅 その1 中部国際空港に物申す

<<   作成日時 : 2005/10/11 05:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

めった打ちに遭いました(T_T)」について
精神的ダメージから回復できたわけではないですが、落ち込んでいても仕方ないので、気を取り直して、話を進めていきます。


コスタリカ編?
へぇへぇ、わかっとります。
こちらと、平行してぼちぼちやらせてもらいますからに、よろしゅう。

祭の準備?
…これは痛いトコをお突きになりますなぁ?
まぁ、あんじょうやらせてもらいますわ   (c)京都の若ダンさん



って、また横道にそれましたが。
今回のやられ始めは、中部国際空港でした。

なんで神奈川県に住んでいる人間が、旅行に行くのに中部国際空港を使うのか?という段階でおかしな話ではありますが、まぁ、それはチケットの関係です。
やはり三連休ということで、成田−インチョンの予約が取れなかったのですね。ギリギリまで待てばOKが出たのかもしれませんが、発券期限の関係で7月の頭に発券してしまったので。
それでまぁ仕方なく、成田−中部−インチョンと予約を入れ、金曜日の夕方に成田−中部を移動し、常滑で一泊して、土曜日の朝に中部−インチョンを移動したわけです。
中部国際空港(セントレア)を一度は経験しておきたい、という気持ちもありましたし、それはそれでよかったのではないかと思っておりますが。
しかもですよ、前日の成田−中部は、国際線機材のB767−300ER、つまりClub ANA Asia仕様の機材で、スーパーシート設定がないため、2−1−2のビジネスクラス座席を一般席として開放(ただし上級会員のみ)していたので、わずか50分ほどのフライトとはいえ、ゆったりと過ごせていたのです。
常滑の町はきわめてしょぼかったですが(成田といい、泉佐野といい、常滑といい…空港のお膝元ってこんなもの?)、ホテルは従業員の方の対応もよく、出だしは順調と思っていたのです。

土曜日の朝。
8時半にホテルを出て、名鉄でセントレアへ。
名鉄って古くなったパノラマカーを各駅停車に使っていたり、単なる急行なのになぜか速度表示機がついていたり、意味不明の電車が多いよね…などと鉄ちゃん向けのネタも拾っていたのですが、今となってはどうでもいい話です。

ケチのつきはじめは、チェックインカウンターでした。
ANAのチェックインカウンターが端の方に肩身が狭そうにあるのは仕方ないことですが(だって、国際線の発着便なんて少ないですから)、カウンターの数が少ない分、結構人が並んでおりました。
行列に並ぶのが嫌いな私は、DIAの特権を生かして、エコノミークラスの長い行列ではなく、短いビジネスクラスの行列に並んだのですが。
カウンターが1つしか用意されていなくて、しかも担当の方のスキルが今ひとつなのか、複雑な手続きを頼む人が多いのか、なかなか行列が捌けません。そういう時って、エコノミークラスのカウンターを振り分けたりしそうなものですが、そういう臨機応変な対応は一切なし。
そのため、最終的にはエコノミークラスの行列の方が短くなってしまう始末。
ANA中部支店の方。
こういう対応って、まずくないですか?



チェックインが終わって、保安検査と出国検査。
かなり行列ができていましたが、まぁそれでも、窓口をフルに開いて対応していたので、それほど待たされずにクリア。

続いて、免税品の購入して、ラウンジ(ここはスターアライアンス共通のラウンジとなっています)に入って、ほっと一安心。
・・・というところで、気付いてしまいました。

「ガイドブックを購入していない!」

ワタクシ、これまでソウルは2ケタを超える回数行っておりますので、ガイドブックはそれほど必要ではありません。
まぁ、食事をする店やマッサージのお店を探すのにあれば便利ではありますが、その程度。
交通機関もだいたいのところはわかっていますし…

ところが。
今回は、3日間もあるので、韓国のあちこちを駆け足で回ってみようかな?なんて思っていたのですね。
それもサイコロなんかを使っちゃったりして…(爆)

となれば、行き先を決めるのにも、そこで何をするかを考えるにもガイドブックは必須なのですが、私が持っていたのは、2001年度版のガイドブック。あまりにも情報が古すぎます。
(韓国の交通機関とかお店のメニューの値段の上昇は、結構なスピードなんです。たとえば、インチョンからソウル市内までのリムジンバスなんて、2001年は11000ウォンだったのに、いまや14000ウォンですよ)
それで、今回新しいガイドブックを購入しようと思っていたのです。

しかも。
成田空港でも、関西空港でも、出国審査を過ぎてからも売店があります。
成田空港第2ターミナルのサテライト側なんて、最近三省堂書店なんか出店しましたしね。
そういうところで購入すればいいと気楽に考えていたのです。

ところが。
中部国際空港。
出国審査場を過ぎてからは、免税店とコーヒーショップ(スタバ)しかありません

何を考えているのですか?
出発前に買い忘れていた物を購入する最後のチャンスでしょう?
それがないなんて、おかしいです!

やいっ!
セントレア!

コストダウンしましたって自慢はいいですが、利用者の利便性ってものに気を配るべきじゃないですか!



責任転嫁するような文句ではありますが(だって事前に購入しとけってもんでしょう)、こうして、せっかくの海外逃亡は出だしから躓いたのでした(T_T)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
うわっ!!そうですよね!考えてみれば、そぅそぅ!
さっすが、国際空港常連者のりーまんさんです!
惚れ直しちゃうわ〜〜〜(るんるんらんらん♪)




(ほっといてやってください)
aya
2005/10/11 14:07
空港でガイドブックを買ったことは無いな。最近は大事な部分だけコピーして手荷物の中(バッグが小さいのよ)に入れて、本体はスーツケースに入れることが多い。
yy-holmes
2005/10/11 23:00
ayaさま
そう言ってくださる方はayaさまだけですよ…(T_T)

yy-holmesさま
確かに、空港でガイドブックを購入するなんて、マヌケですねぇ。
ただ、それを言い出すと、私の旅ってたいていマヌケなのかもしれませんが(;_;)
りーまんとらべらー
2005/10/12 01:22
一応書店は4F(チェックインカウンターの上の階)に丸善があるわけですが果たしてガイドブックがあったかどうか。また本数が少ないなどの理由で国際線制限エリアに出店する店がなかったことも考えられますが免税店に委託(免税除外品)という方法が取れなかったかなと思います
省エネルック
2006/09/05 11:19
省エネルックさま
関空も国際線制限エリアには書店はないのですが、売店で雑誌やちょっとだけ本を置いてあります。そういうスタイルが取れないかなぁと思ったわけです。
確かに、本数が少ないですから、なかなか難しいのかもしれませんねぇ。
りーまんとらべらー
2006/09/05 22:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
やられてしまった旅 その1 中部国際空港に物申す りーまんとらべらーの日常と非日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる